Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

英検1級スコア分布

英検結果の詳細が見れるようになったので自己分析してみました。
格パートの正解率を見てみると。


語彙・熟語 60%
読解    96%
リスニング 88%
作文    64%


読解とリスニングで点数を稼いだという感じです。
合格者全体の平均スコアを見ると、
同じパターンでの合格が多いようです。


それでも、他の合格者と比べて私は特にその傾向が強いよう。
語彙・熟語問題では合格者平均点を下回り、
読解・リスニングでは上回り、
作文ではほぼ平均的なスコアを取っている
というのが私の現状です。


ある意味狙い通りの結果とも言えます。
自分の得意を生かして点数を稼ぎ、全体として合格点に到達。
結果として合格できたので、結果オーライなんですけど。


でも、やっぱり語彙力はもうちょっと伸ばしたいなぁ。


単語・熟語っていうのは意識しないとなかなか広がらないですね。
本を読んでいて知らない単語があっても、だいたい前後の流れから意味が予測できるので
そのまま流してしまって新しい単語を覚えるに至らない。


単語って覚えようと思わないとなかなか覚えられないし、
しかもたとえ覚えてもしばらくすると忘れてしまう。


新しい単語を学んでしかもそれを定着させるには


①単語帳などを使っての単語学習or新出単語のたくさんある英文を精読

②学んだ単語に何度も出会い定着させるために多読や多聴


このプロセスを踏むと語彙・熟語力がアップするんじゃないかと思います。
一度や二度出会うだけでは覚えません。
何度も何度も出会わないと覚えません。
でも、多読や多聴だけだと「なんとなく見たこと聴いたことがある」というレベルから出られないので
やっぱりステップ①は大事だと私は思います。


とりあえず、もう少し精読も取り入れていこうかなと思います。


英検1級に的をしぼった語彙学習をするなら、
英検単語にしぼって学習するのが効率的かと思いますが
今の私の目標は「もうちょっとすらすら洋書を読みたい」なので
1級単語にしぼるのはちょっと違うかも。


でも、英検の語彙って洋書読むのに役に立つんですよね。


英検受験前に準1級の単語帳を見てみたんですが、
結構知らない単語がたくさんあって
「準1級の単語からやり直した方がいいのでは?」と思いました。
「見たことあるけどはっきり意味は知らない」単語がいっぱいあります。
洋書や英字新聞を読んでいてもそういうの多いです。


なんとなく理解して読み飛ばしてもいいのですが、
やっぱり語彙力がしっかりあると読むスピードが早くなるし
理解の深さも変わってくると思うんですよね~。


ま、とりあえずは2次試験対策をして、
それが無事に終わったら単語学習まじめに取り組んでみようかと思います。



英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
(2012/03/16)
旺文社

商品詳細を見る



究極の英単語 Standard Vocabulary List [上級の3000語] Vol.3究極の英単語 Standard Vocabulary List [上級の3000語] Vol.3
(2007/05/26)
不明

商品詳細を見る




この辺りの本が気になっていますが・・・


でもね、正直言って、単語学習ってつまらないんだよなぁ。
やっぱり新聞記事とか、自分が気になる素材を使って精読する方が
私としては楽しく学習できるかなぁと思わなくもないです。






関連記事

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.10.30(Tue) 17:27        さん   #         

野崎 様

ご案内ありがとうございます。
残念ながら今のところはご遠慮させていただきます。

こちらこそコメント欄でのお返事となって申し訳ございません。

2012.10.31(Wed) 15:45       Yoshiko さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?