Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

久しぶりの初級クラス

最近は中上級クラスを教えることが多いんですが、先日久しぶりに初級クラスを担当しました。
初級クラスの方がリラックスして教えられる気がします。楽しいです。
中上級クラスも楽しいですが、違う楽しみな気がする。
内容も難しくなってくるし、つい私も厳しくしてしまったりして。
その点、初級クラスは「まだまだ気楽に楽しくやりましょ~」な気分でいられるような。


レッスン中になぜか食べ物の話になり、生徒さんから「大根って英語で何て言うんですか?」と訊かれました。
こういう「○○って何て言うんですか?」な質問をレッスン中によくされます。
とっさに出てこないこともあります(汗)
そんな辞書みたいに何でも知ってるわけじゃないですから。


わからない時はその場で辞書で調べたり(電子辞書は必需品!)、とりあえずスルーしちゃったり(こら!)。
ちなみに「大根」はたぶんこれじゃない?とホワイトボードにJapanese radishと書く。


後で調べてみたところJapanese radishでOKでした。
Daikon radishというのもありましたが。
食べ物の名前っていうのは結構難しいですね。
日本で普通の食べ物が欧米では普通でなかったりするし。


生徒さんって「先生は何でも知っている」と思われるのか、色んなことを訊かれます。
でも、先生だからって何でも知ってるわけじゃないので、四苦八苦することもあります。
新人の時は今日は何を訊かれるかとドキドキしながらレッスンしてました。


そういえば、別のクラスで「2段ベッド」って訊かれたなぁ。
bunk bedじゃなかったかなぁmaybeと話してとりあえず会話を続けましたが、後で調べてみたところbunk bedでOKでした。


普段あまり頻繁に使わない単語はとっさには出てこないんですが、でも記憶のどこかに眠っているらしく、引っ張り出すと出てきます。
出てくることに自分でもびっくり。
でも、歳とともに記憶力も低下し物忘れも激しくなってくるので、最近ちょっと危機感を感じつつもあります。
忘れないようにしっかりインプット、アウトプットしとかないとなぁ。
やっぱり読書は大切!と思います。とりあえず目にしていれば、忘れることはないから。


海外留学して日本に帰ってきて、しばらく英語使ってないと忘れていくっていうのがよくわかります。
使ってないと、ほんとに忘れますねぇ。怖いなぁ。


ところで、先日図書館で借りてきて、この本を読んでいます。
子供向けの本です。


The BFGThe BFG
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る



たまに児童書読むと楽しいです。子供の心をちょっと取り戻せるような気がします。


英語もシンプルですが、完了形や仮定法など会話で使われる文法がしっかり出てきます。
英語初心者には児童書を英語で読むっていうのは良い練習になると思います。
シンプルだけど以外に難しいところもあり、「アメリカの子供が読む本でもわからないとは」と凹む人もいるかもしれませんが・・・。


でも、会話のレベルってこの辺りなんですよねぇ。


大人になってから外国語を勉強しなおすってなかなか大変な作業ですよね。
簡単なことが言えなかったり、頭ではわかっていても言葉が出てこなかったり。
仕事が出来る人だったり頭の良い人だったり、自分に自信のある人ほどストレスを感じるかもしれません。


謙虚な気持ちで取り組むっていうのが大事かもしれませんね。


結構みなさん、初心者クラスを楽しんで受講されていて、私も楽しくレッスンさせてもらっています。
学校の文法の勉強よりも、会話のクラスは楽しいのかもしれませんね。
たまには私も初心者クラス教えたいなぁ!



関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?