Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

病院のお供に 

今日は三週間ぶりの病院の日でした。
診察待ちの時間と点滴時間の暇つぶしに新しい本をお供に持って行きました。
こないだ読んだRoald Dahlの別の作品です。


Umbrella Man and Other Stories (Now in Speak!)Umbrella Man and Other Stories (Now in Speak!)
(2003/06/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る



児童書作家として広く知られるようになる以前に、大人向けの短編を書いていたようですね。
大人、といってもティーン向け、ヤングアダルトな感じかもしれませんが。


とりあえず今日は一つ目のお話だけ読み終わりました。
面白かったです。ちょっとひねりのあるストーリー。
日本人作家さんで言うと星新一さんみたいな感じ?違うかな?


「ちょっとブラックな話し」という意見もあるようですが、お話しとして楽しめば楽しいんじゃないかしら。
英語学習者には「短編」というのが読みやすい気もしますし。
ブラック、と言うならば、確かに『チャーリーとチョコレート工場』もブラックな感じかもですね。
子供向けの話しにも関わらず。
この作家独特のユーモアのセンスなんだろうな。


ところで、今日の点滴のはなし。
針刺しは一発目で成功!最近成功率が高いです。ありがたや~。
やっぱり看護師さんのいう「秘密兵器」が効いてるのかしら。


どんな秘密兵器かというと、それは「小児科で使ってる点滴針」。
ちょっと作りが違うそうです。
針の長さや太さは同じなのですが、付属部分の作りがちょっと違うらしい。
そのお陰かここ数回は失敗なしにすんなりといってます。
もちろん看護師さんの腕もあると思いますが、以前よりも看護師さんもやりやすそうです。


足で点滴する人ってやっぱり少ないようで(ま、フツーは腕でしますよね)いつもベテラン看護師さんが私のとこに来てくれます。
それでも刺す時はやっぱり緊張するみたいです。


失敗されれば当然痛いわけですが、だからと言って「上手に刺してね~」なんて言ったらかえってプレッシャーかけて失敗されそうだから、私はいつも「きっと上手くいくよ~」とポジティブ暗示をかけています。
先日、病院勤めをしてる友人にそんな話しをしたら、「それ正解だよ」と言っていました。
でも、「失敗しないでね」って言う患者さんがいるんだよね。逆効果なんだけど、とのこと。


みなさん、病院でお世話になるときは覚えておきましょう。


失敗するなと言われると、つい失敗してしまうのが人の心というもの。


そして、他にそんな人がいるかどうかわかりませんが、足の血管で点滴する時は、「小児科用の点滴針」をオーダーしてみることをお勧めします。


なんか全然英語の話しから逸れてますね。
でも、洋書リーディングやオーディオブックのリスニングが治療の憂さ晴らしになってます。
治療を乗り切るためにもそういうお楽しみが必要。


まだまだ癌晴らなくては。負けないぞ!




関連記事

Comment

Name - シルフ  

Title - 胸が熱くなります

どう表現したらいいものやら、対応に苦慮します。
私は英語でもバリバリの英文科、文学作品が主な興味の中心です。
だから言葉の裏にある浅さ深さを主観に満ち満ちて深読みしてしまう傾向があります。
なので話半分で聞いてくださいね。

よしこさんの書かれる病気との闘い方に
静かな感動を覚えます。

私は学校での予防接種も死ぬほど嫌いだった生徒でした。
予定日の前夜は寝付けないほど先端恐怖症です。

一体点滴を好きな人っているでしょうか?
ましてや病気のために行うものなら尚更、です。

そういうもの、一切を淡々と書かれた内容が
私にはぐっときます。
ぜひ快癒してもらいたい、強くそう思います。
2012.12.18 Tue 16:57
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: 胸が熱くなります

シルフさん。心のこもったお言葉、ありがとうございます。

私の心の中にも、いろんな葛藤があります。
前向きになれる時と、どうしようもなく落ち込む時と。

ただやっぱり、「負けたくない」という気持ちが、私を立ち上がらせているんだと思います。

ここは乳がん治療記のブログではないので、治療のことを書くのに多少のためらいもあるんですが、できるだけ等身大の自分でいたいなぁという気持ちもあって、時々治療のことも書いています。

こうやって暖かい励ましの言葉をもらえると、治療のことも素直に書いていっていいのかな、と思えます。
ありがとうございます。

2012.12.19 Wed 11:30
Edit | Reply |  

Add your comment