Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

残すところあと数回らしい 

昨日は病院の日。今回も無事に点滴スムーズに行きました。よかった、よかった。
昨日は主治医の先生と今後の治療のお話を少ししました。
私は7月位まで今の治療が続くと思っていたんですが、私の認識違いだったようで、5月頃に一段落するようです。
あと残すところ数回とのこと。そうかぁ、もうそんなに来たのかぁ。

飲み薬だけはしばらく続けることになりますが、今のように通院して点滴投薬する必要はなし。
なんかほっとする気持ちもありますが、仲良くなった看護師さんとお会いしなくなるのはちょっと寂しい気も。
そんな話を担当看護師さんにしたら、「そうだよね。でも、また来てねとは言えないしね」と。


病院って決して行きたい場所ではないのだけれど、でも、時に必要で行かなくちゃいけない場所。
治療は辛いこともあるけれど、でもそこで出会って、助けられたり、励まされたり、たくさん良い思い出も出来たりして。
病院って不思議なところだなぁ。


治療がひとまず一段落しても、それで完治するわけではないから、油断は禁物。
まだまだ病気とのお付き合いは続きます。
それとどう折り合いをつけていくか。
今後の仕事の仕方もちゃんと考えないといけないし、悩みは尽きません。


でもみんなそうやって色々抱えながらも生きて行ってる。


病気のことなんて忘れてしまいたいとも思うけれど、でも病気して学んだこともあるから、それは無駄にしたくないとも思う。
ブログで治療のこと時々書くのも、何か形として残したい気がするから。
これを読んでくれた人に、何か伝えられることがあるかもしれない。
何を伝えたいのかと尋ねられると、自分でもはっきりとわからないけれど、でも、もしかしたら同じ病気を経験した人がいるかもしれないし、この先そういうことがあるかもしれないし、身内や知り合いにあるかもしれないし。


人生ハッピーなことばかりじゃなくて、時にはアンハッピーなこともあり、でも出来ることならアンハッピーなことは避けたいとも思う。
だから、臭いものに蓋をするように、見ない振りをしてポジティブポジティブで行く。
私にもそういう時があるし、それで乗り越えられることもあるんだけれど、でもやっぱりちゃんと認めなきゃいけないことや受け入れなきゃいけないこともあるから、ネガティブを否定してポジティブに生きるんじゃなくて、ネガティブも受け入れたところでポジティブに生きれたらなと思います。


ということで、また治療日記書きます。
ちょっと過去の治療も振り返ってみるかも。
興味ない方はスルーして下さいね。 治療日記は追記で隠して書きます。
ここは病気ブログではないし、そんなの読みたくないという人もいるでしょうから。
でも、もし読んで、何か感じるところがあったり、共感することがあったりしたら、拍手クリックやコメントなどいただけると嬉しいです。



関連記事

Comment

Add your comment