Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

なぜ日本人は英語が話せないのか 

理由はいろいろあると思います。ひとつじゃないです。
いくつかのパターンがあるように思います。複合的です。
でも、ほとんど全ての人に当てはまるのが、「インプット量が少ない」ということじゃないかと思います。
英語を聞いたり読んだりする量が足りていないと思います。
インプットを十分にしていないのにアウトプットしようとしている。
でも、アウトプットするためにはインプットが必要。
そこで伸び悩んでいる人が結構いらっしゃる。
ある程度英語が口から出てくるようにしておくためには、しっかりしたインプットは必要不可欠だと思います。


それからもうひとつよくあるパターンなんですが、「難しいことをやりたがる」。
読んでわかる聞いてわかるレベルと、自分が使えるレベルとの間には結構大きな差があるので、会話力アップしようと思ったらぱっと見は簡単と思うようなレベルの英語で練習するのが効果的なんですが、それが「嫌」と思う方が結構いらっしゃります。
でも、英会話がしっかり出来るようにするには、中学レベルの英語がちゃんと使えることが大事。
理解できるではなくて「使える」にしなきゃいけないんですけど、「わかった、だからもういい」と思われる方も多く、十分に練習せずに次に進んでいこうとされる。


そんな難しいことばっかりやってたら、基礎力いつまでたってもつかないんじゃ~ん、って思うんですが。


でも、「早く次に行きたい」という気持ちもわからなくはないです。
早く結果を出したい気持ちもわからなくないです。


全ての人がそうではありませんが、「手軽にさっさと英語力を上げたい」と思ってる方も多いよう。
だから「これさえやれば!」みたいな英語教材がたくさんあるんだろうなぁ。
簡単に英語が話せるようになれば楽ですもんね。


でもやっぱり英語学習に近道はない。
失敗したり悔しい思いをしたりしながら、あきらめずに続けていくのが大切。
自分の力を過信しすぎず、かといって過少評価しすぎずに、良いところは認め悪いとこは受け入れていく。
そういうメンタルな部分がとても大事な気がします。


手っ取り早い学習方法を伝授するのではなく、英語の勉強そのものを面白いと思ってもらえるような授業が出来たらなぁと思います。
勉強が面白かったら勉強するでしょ?勉強すれば力はつく。あと練習も大事。


でもねぇ、「手っ取り早い学習法」を謳った方が売れるんだろうな、と思います。
ダイエット食品や健康食品といっしょでしょうか?


英語学習が商業化してしまってるのも、日本人の英語力がなかなか伸びない一因になってるんでしょうか?
英会話スクールや英語教材が星の数ほどありますが、学習方法にこだわるよりも、とにかく英語にたくさん触れて、たくさん練習して、たくさん勉強するのが一番なんじゃないかと思います。






関連記事

Comment

Name - Shira  

Title - 必要を差し迫って感じていない

>勉強が面白かったら勉強するでしょ?勉強すれば力はつく。あと練習も大事。

ここが最も大切な点だと思います。ただ、そこに行き着くまでの動機が決定的に欠けているか、弱すぎる。


大企業で成人に英語を学習してもらう計画を立てたとき、自分を実験台にして中国語を勉強してみました。何か方法がつかめるかと思ったけど、うまくいきませんでした。

なぜか??

私に強い動機があり、学習を楽しいと感じてしまったからなんです。これは「再現性に乏しい」実験結果ですねぇ。

最近は少し悲観気味で、強制力が伴わないと英語の学習なんかしないだろうと(けっこう本気で)考えるようになりました。

××年後までにTOEIC730と英検準一級を取得すれば一時金500万円(税引き後で)!

こんな制度を作って毎年大々的に分厚い封筒を渡す式典をやれば、ほとんどの人は達成できると思います。Yoshikoさんのような方の助けを借りて、建設的な学習方法を自分で考えてね(元々は努力家が多い)。

北風作戦も有効でしょう。

達成できない場合には、残念ながら達成するまで賞与 1/2 です、とか。賞与明細にはっきりと記載します。
賞与 1,000,000 英語未達成控除 ▲500,000
なんてね。

こんな太陽政策・北風政策が必要ない人は、もう自分で取り組んでいるはずですし…。
2013.05.04 Sat 16:29
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: 必要を差し迫って感じていない

Shiraさん

確かにそこまでやれば勉強するかも・・・。
ある程度必要に迫られなければなかなか動けないっていうのはありますよね。

性格も人それぞれなので、どう言葉をかけるか、どうアドバイスするかでモチベーションも変わってきたり。
レッスンするよりも学習カウンセリングの方が難しいと思うこともしばしば。

企業レッスンの場合「会社から受けさせられてる」感覚の人も多いので余計にモチベーションが上がりにくいのかもしれません。
自分でお金を払うのと、会社がお金払ってくれるのと違うますしね。

でも、せっかく与えられたチャンスなのだから、それをきっかけに英語を少しでも好きになってもらえたらと思います。
なので、ご縁があって私が担当することになった生徒さんにはちょっとでも英語好きになって欲しいなぁと思うのです。
2013.05.05 Sun 10:43
Edit | Reply |  

Add your comment