Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

もうすぐ英検

もうすぐ英検なんですね。受験される方はそろそろ本格的に勉強に取り組もうかという頃でしょうか。
私の1級対策、去年の受験後からちょこちょこと書いてましたが、リスニング編だけまだ書いてなかった気がするので一応書いておきます。
読まれる方いるかしら?

TOEICのリスニングに慣れていた私にとって1級のリスニングは超難しかったです。
最初に練習問題解いてみて「これはやばい!」と思いました。
何が難しいかっていうと設問が問題用紙に書かれていないこと。
TOEICの場合は設問が書かれてあるので、リスニングの前に設問に目を通しておいて、聞きながら解答し、読み上げられる設問は聞く必要もなし。
そんなペースに慣れていたので、最初1級のリスニングでもつい設問を聞き忘れてしまう。
TOEICのように設問の答えを意識しながら聞くということが出来ないので、いざ答えを選ぼうとした時に「あれ、何て言ってたっけ?」ということもしばしば。


そこで私がとった対策は「選択肢をしっかり読み込んで設問を予測してから聞く」ことでした。
TOEIC以上に設問読みに集中しました。そのためにリーディングセクションを早く終わらせ、設問読みにしっかり時間をかけることを目指しました。
目標は10分前くらいに終わらせることでしたが、実際は5分くらいになっちゃいましたが、それでもまぁまぁリスニングの仕込みは出来ました。


特に配点の多いパート3と4を重点的に読みました。
個人的に一番難しいと感じたのはパート2。内容がアカデミックなものもあるので、どう足掻いても私には正解取れない問題がいくつかあります。
なのでそこはスッパリとあきらめました。パート1はそこそこに点数が取れたので、パート3と4に賭ける!感じ。
パート3はシチュエーション、質問、選択肢、全てしっかり読んで準備万端でリスニングに挑む。
パート4はインタビューの聞き取りですが、非常に長いインタビューの割りに設問はたったふたつ。
インタビューの内容を全て聞き取って内容を記憶するのは不可能に近いので、ここは選択肢をじっくり時間をかけて読み、インタビューの内容、設問の予測をしておく。
TOEICと違って書き込みOKなので、気づいた事をメモっておくのもよし。


そんな方法で挑んだところ、戦略どおりにパート3&4で満点を取ることが出来ました。


やっぱり配点の多いパート3&4の攻略は重要かと思います。


ちなみに英検のリスニングに慣れるために、練習問題の音源を暇さえあればしょっちゅう聞いていました。
試験当日も待ち時間に聞いて慣らしていました。


こうやって書いてるとなんだか英検1級受験が懐かしいなぁ。久しぶりに練習問題とか解いてみようかしら。
でも、だいぶ忘れてるので点数下がってそうです。


試験で結果を出すには「実力+試験対策」が必要だと思います。
英検もTOEICも、たぶん大学受験なんかもそう。
対策ばっかりでもダメな気がするし、対策全くしないのもダメ。
実力をつける学習をしながら、試験対策もするのが良いんじゃないでしょうか。
ちなみに私は試験対策はテストの1ヶ月前位に集中してやりました。
そして本番でピークをもってくる。試験が終わるとふにゃっとしますが(笑)本番で一番力を発揮できるのがベストと思います。


もうピークは過ぎたので、今受けたら一次試験落ちるかもしれないなぁ。


ちなみに対策に使ったテキストはこちらです。
7日間完成 英検1級予想問題ドリル (旺文社英検書)7日間完成 英検1級予想問題ドリル (旺文社英検書)
(2008/08)
旺文社

商品詳細を見る



あと、1級対策に使ったわけじゃないんですが、役に立ったんじゃないかなぁと思うのがEnglish Journal。
1級リスニング、特にパート4の練習に良いと思います。

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2013年 06月号ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2013年 06月号
(2013/05/07)
不明

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?