Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

英語で仕事

大学レッスンが終了したのでクラスレポートを担当者に送信。
担当の方が外国人なので英語でのやり取りになります。


英語を使う仕事をしていますが、英語でメールを書く機会は意外となかったりして。
なので、結構新鮮な気分です。なんか、英語で仕事してますって感じがすっごいする!


英語を使う仕事、と言っても、日本人に英語を教えるのが仕事ですから、私の話し相手はもっぱら日本人ということになります。
同僚の外国人ともコミュニケーション取りますが、気心の知れた相手なので、あんまりフォーマルな表現は使わなかったりするし、緊張感はない(笑)内輪の英語って感じ?


なので、外国人担当者に英文メールを送る、っていうのがなんだか「私仕事で英語使ってるじゃ~ん」って気がして楽しかったりして。
いや、いつも使ってるんだけど、何かが違うんです。


でも、こうやって、英語というツールを使って仕事が出来ているって幸せなことだなぁと思います。
学生の頃から好きだった英語。その英語を使う仕事が今出来ている。


結局海外留学はしないまま、ここまで来たけれど、周りは留学組が多いので、常に「私の英語力はこれで大丈夫なのか?」という不安がありました。
海外で暮らすのと、日本で暮らすのでは、英語に触れる絶対時間が全然違う。
やっぱり海外に行くほうが有利だと思います。


うちのスタッフ達は私のことを生徒さんに紹介する時に、「先生は日本で英語を習得したんですよ!」とそれをセールスポイントのように言ってくれているし、私自身それが自分の個性なんだと思っていますが、でも、それを「売り」にするためには高い英語力が必要。


日本人の間には結構ネイティブ信仰があったりもするので、日本人の先生ってどれ位英語出来るの?と思っている方もいらっしゃる。
「海外経験が長いんです」と言えば、「あぁ、じゃあ大丈夫ですね」と思われる方も。
要するに、「留学してました」と言えば「じゃあ英語出来る」と思われるけれど、「日本で習得しました」と言ってもそれだけでは「で、どれ位英語出来るの?」ってなる。


留学組と同じくらい、もしくはそれ以上の英語力があって始めて、「日本で習得されたんですか、すごいですね」ということになるんだと思います。
英語力が低かったら話にならない。


そんな風に思いながら、ずっとこれまでやってきました。だからいっつも「これで大丈夫かな?」って不安だったりもして。


最近になってようやく「これでいいのかも」って思えるようになってきました。
完璧な英語ではないですが、十分な英語。先生として十分な英語。
でも、手を抜いて勉強しなくなったらスキルは落ちるので、学習は継続したいきますが。


学校のロビーなんかでずっと英語でしゃべってたら、新しい生徒さんから「外国人の先生」と思われたりすることがあります。ずっと英語で通して名前も通称Cindyとかにしたら、ネイティブ講師としてやっていけるかな?なんて、それじゃあ詐欺だけど。


でもね、日本人の先生に求められることって、「自分もあんな風になりたい」って憧れられる存在であることっていうのもある。ネイティブが英語しゃべってても当たり前。でも、日本人が英語ぺらぺらしゃべってたら、「いいなぁ」ってなる。


でも、わからない事もあるから、何でも知ってるフリはしません。
知らないときは知らないと言います。そして勉強します。


だから、やっぱりずっと勉強し続けることになるんですが。


仕事してると大変なこともありますが、それでも、私が学生の頃に憧れた「英語の仕事」が今出来ている。
やっぱりこれって有難いことだなと思います。


英語を使う楽しみ、話す楽しみ、英語で広がる可能性。
私自身が経験した「英語が出来る喜び」を少しでも多くの人に伝えていけたらよいなぁと思います。
スクールの中に留まらず、また派遣レッスンも引き受けていきたいと思います。
その分、出会いの可能性も広がりますから。


そのためにも、体力もっとつけなきゃなぁ~。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?