Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

TOEICアビメ

TOEICの結果が郵送されてきました。
スコアだけはネットで見れましたが、詳細はわからなかったので、アビメで確認。
やっぱりリスニングはPart3で結構落としてる模様。
自分でも自覚があったので、思った通りの結果です。


「満点取りた~い!」っていう欲が出すぎたかな。
特にリスニングってメンタルな部分が顕著に出るので、集中力や冷静さが必要ですよね。
難しいなぁ。


さて、次はいつ受けようか。
今年はもうすでに2回受けてるので、次は来年、という気もしますが、今回の結果がなんか悔しいので、秋頃にまた受けるのもいいかなぁと思ったりもします。
年内にまた受けるとしたら10月位かなぁ。
申し込みはまだ先なので、ゆっくり考えます。


ところで、今こちらの本を読んでいます。


一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
(2011/09/09)
大西 泰斗、ポール・マクベイ 他

商品詳細を見る



なんだか評判の本のようで前から気になっていたのですが、なるほど、非常にわかりやすく英文法を説明してくれています。
良い本ですね。
『Forest』も文法書としてとても良いと思いましたが、学校英語のための文法。
『一億人の英文法』はサブタイトルにある通り、話すための英文法。
アプローチの仕方が違いますね。


難点なのが分厚いこと。(『Forest』もですが)
読み終わるのに結構時間がかかります。
でも、とても大切な事が書いてあるし、英語の世界を理解するのにはとても良いと思います。


しかし、この分厚さで、挫折する人もいるんじゃないかなぁ。
英語初心者にお勧めできる文法書を、と探していたんですが、これは初心者にはちょっと難しいかも。
ある程度英語の知識はあるんだけれどという方や、英語好きの方にお勧め。
そして英語の先生にも!
感覚的にはわかっているんだけれど説明できない事ってたくさんあるし、意外とわかってなかった事とかもあるので、これ一冊で英文法力&英文法説明力がつくと思います。


ただひとつ気になるのが、本書の中に何度も「ネイティブのような英語力」という表現が出てくること。
もちろんそんな風に英語が使えたら素敵だけれど、英会話初心者の方はあまりそこは気にしないで頂きたい。
まずは簡単な表現、平易な文法で、とにかく話してみる、ということをして欲しい。
そこから少しずつレベルを上げていけばいいと思います。


TOEICの話から、いつの間にか英会話の話になってしまいました。
最近色んなところで教えているので、どう英語を教えるか、どう指導するかということについて色々と思案しています。
どうやってTOEICのスコアアップをするか、どうすれば使える英語が身につくか、長いこと伸び悩んでいる人がどうすればBreakthroughできるか。
う~ん、難しい。




関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?