Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

英会話の教科書 

先日お休みの日にジュンク堂書店に行ってきました。
本屋さん大好きなんですが、やっぱりジュンク堂が一番好き。
品揃えが豊富なのと本が探しやすいのが良いです。
大手書店でも紀伊国屋なんかは、私は本屋さんの中で迷子になってしまいます。


ジュンク堂に行くと必ずチェックするのが洋書コーナーとESLの本。
私がよく行く他の書店では、大きめの本屋さんでもこれがあんまりないんですよね。


普段のレッスンではスクールのオリジナル教材を使っていますが
英会話の教材って今はどんなのが出てるのかなぁと思って見てきました。


昔は私もSide by Side や Interchange なんかを使ってレッスンしてたことがあります。
今もこれらの教材は健在。懐かしいなぁと思いながら見てきました。
人気の教材って今も昔も変わらないのかなぁ。


でも、今改めてこれらの教材を見てみて、
もし今自分が個人レッスンなんかで使いたいかっていうと
ちょっと違うかなぁという気もしました。
良い教材ではあるのですが、ユニット構成がちょっと複雑。
もうちょっとシンプルで、一回ごとに達成感が得られるようなのがいいな。


昔使ってたことのあるこちらのテキストは本屋さんには置いてなかった。
人気ないのかな?


Get Real 2 New Ed. Student Book (最新・最強米語コース)Get Real 2 New Ed. Student Book (最新・最強米語コース)
(2007/12)
Angela Buckingham、Miles Craven 他

商品詳細を見る



わかりやすくて好きだったんだけどなぁ。


そして相変わらずの人気のGrammar in Useシリーズ。日本語版が出ているんですね。


マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)
(2011/11)
Raymond Murphy、William R. Smalzer 他

商品詳細を見る



やっぱりこのシリーズは良いなぁと思います。
日本人学習者にとっては日本語版は心強いですね。
英語力強化していく上で英文法は避けては通れないところ。
会話にすぐ使える文法をわかりやすくまとめてくれているという点で、
これはとても良い教材だなぁと思います。
1ユニットがコンパクトでわかりやすいのもいい。


英語教材ってほんっとにたくさんありますが、
その中から本当に良いもの、自分に合うものを見つけ出すって至難の業ですね。
特に初心者は、教材選びの時点で挫折しそう。
身近にアドバイスをくれる存在がいれば心強いだろうなって思います。
だから英会話学校に通うんだろうな。


そんな中、こんな本を見つけました。

【完全ガイドシリーズ018】英語教材完全ガイド (100%ムックシリーズ)【完全ガイドシリーズ018】英語教材完全ガイド (100%ムックシリーズ)
(2013/03/27)
不明

商品詳細を見る



会話教材は掲載されてませんが、TOEICや文法など色々な英語学習教材がランキングされています。
学習の参考になりそうですね。
ちなみにワースト教材というのも紹介されていて、「ああ、やっぱりそうなのか」という教材が選ばれていました。
多くの人が「怪しい教材」と思われていると思うので、意外でも何ともないかな、と思いますが。


たまにこうやって本屋さんで教材調査するのも楽しいなぁと思います。










関連記事

Comment

Add your comment