Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

本のある人生

ここ数日ちょっと涼しいですね。
なんだか秋の気配を感じちゃったりもしますが、またすぐに暑さが戻ってくるんでしょうね。
まだまだ残暑は続く~。


ブログ更新が週1ペースぐらいになっちゃってますが、私は元気にしております。
先週、今週と、スクールでのレッスンが増えていてちょっと忙しいですが、
なんとか元気にレッスン出来ています。
臨時で入ったクラスなので、来月からはまたもうちょっと暇になります。
どれ位自分に体力があるのか、どれ位レッスン増やしていけるのか、
ちょっと様子見って感じです。
今のところ、意外と頑張れてるんですが、これをずーっと続けるってなるとどうなのかなぁ。
取りあえず、年内はまだあんまり頑張らないでおこう。
来年からどうするか、ちょっとずつ考えていこうと思います。


これまでも、こんな感じで仕事増やしたり減らしたり。
融通がきくという点は良いんですが、収入が安定しないというのが何点。
元気なときは頑張って働いて、体調壊して休んで、っていうのを繰り返してるので、
出来れば細~く長~く働きたいんだけどなぁ。
って、たぶん世の中の多くの人がそう思ってるんでしょうが・・・。


以前と同じライフスタイルに戻ってしまったら、また再発したりしやしないか、と心配。
周りの家族や友人もみんな「あんまり無理したらあかんよ~」と言うし。
う~ん、悩ましいわぁ。


英語学習の方は2冊本読み終わりました~。


How to Stop Worrying and Start LivingHow to Stop Worrying and Start Living
(1990/09/15)
Dale Carnegie

商品詳細を見る




The Professional (Spenser)The Professional (Spenser)
(2010/09/07)
Robert B. Parker

商品詳細を見る




カーネギーの本は読んでて気持ちが前向きになります。
けっこう単純な性格なので、こういう本を読むと「何だか色んなことが大丈夫な気分」になります。
そうだよ、心配しててもしょうがないよね、って気分になるのです。


ロバート・パーカーの方はなんだかちょっと不思議な話。
探偵物ですが、あんまりすっきり解決しない。
でも、こういうハードボイルドな感じのストーリーは久しぶりに読むので面白かったです。
話のテンポは良くて、すごく読みやすいし。
シリーズ物なので、それぞれに人物設定があって、会話に独特のリズムがあります。
別の本も読んでみたいなぁと思ったので、次に読む本はこのスペンサーシリーズに決定。


ということで、今これ読んでます。


Sixkill (Spenser)Sixkill (Spenser)
(2012/04/03)
Robert B. Parker

商品詳細を見る



こうやって洋書読んでると「あ~やっぱり読書楽しいなぁ」と思います。
物語の世界に入っていくのは本当に楽しい。日本語でも、英語でも、そう。
ある意味現実逃避なんですが、でも読書を通して学ぶこともあるし。
洋書だったら英語学習にもなって、仕事にも還元できるしね。


本のある人生とない人生だったら、ある人生の方が絶対に豊かだと思います。
本を読むことで学んだことがすご~くたくさんあります。
実際に経験してみることって大切だけれど、人が人生の中で経験できることって限られているから、
読書することで疑似体験して知識や感性を磨いていけるんじゃないでしょうか。
英語学習の素材としても、日本に住んでいて英語を使う場面が限定されている人にとって、
物語の世界を通して生の英語を疑似体験できるのはとっても大切じゃないかと思います。


ということで、まだまだ英語読書続けてまいります~。






関連記事

Comments

先日は音読きいていただきありがとうございました。Yoshikoさんもどうですか!あのソフト、けっこう簡単に貼れましたよ~。本2冊は同時進行だったんですが?私もカーネギー、去年読み(聴き)ました。大昔に日本語で何度も読んだことがあったので、英語だとまた違う感じがしました。

本のある人生はいいですよね。すごくわかります。私もできれば他の英語はおいといて(笑)物語の世界にどっぶりつかっときたいです~。

その時間を楽しみにがんばるしかないですね。私も今日から仕事です。がんばりまーす。

2013.08.27(Tue) 16:47       angel さん   #mQop/nM.  URL       

angelさん

angel さん

こちらこそ、音読聞かせて頂いてありがとうございました!
実は同じ文章を私もちょこっと練習して、携帯で録音して聞いてみたんですがあんまりパッとしない出来で・・・。やっぱり公開するって勇気がいりますね。angelさんの英語はブリティッシュ発音でとっても綺麗だったから、私の英語はまだ未熟かも~と思います。

本は2冊同時読みです。カーネギーは休憩しながら読んでたので、読み終わるの時間かかってしまいました。
angelさんも読まれた(聴かれた)ことおありなんですね。日本語と英語とだと、同じ本でも印象変わりますよね。私も、最近日本語で読んだ「7つの習慣」を、英語でも読んでみようかなぁと思っています。

本のある人生、素敵ですよね。angelさんの読書量にはとても追いつきませんが、マイペースでゆる~りと読書楽しんでいきたいと思います。読書日記、参考にさせてもらいますね!

2013.08.30(Fri) 14:28       lady green さん   #-  URL       

思い悩まなくて

済むならどんなに、と私もよく思います。
だからyoshikoさんがカーネギー氏の本を読んで元気をもらえるってのも分る気がします。

今日、「がんの花道:患者の「平穏生」を支える家族の力」長尾 和宏著を注文しました。
著者自身も同病になっている方なので
とても評価が高いです。
私がどうサポートできるか。
また新しい切り口をもらえるような気がします。

本の力、すごいぞ、と実感中です。

2013.09.02(Mon) 10:38       sylphide1832 さん   #-  URL       

シルフさん

行き詰った時に、別の視点をもたらしてくれるのが本の力でもあると思います。
自分ひとりでは答えが出せないとき、同じ道を通った先駆者の言葉は大きな励みになりますね。

本の力=言葉の力、でもありますよね。

ところでシルフさん。以前にお話した温熱治療なんですが、自宅で出来る温熱治療器というのを勧められまして、購入しようかどうか検討中です。6万くらいする決してお安くないものなので思案中。私がいつもお世話になっているFamily Doctorの先生のお勧めなんです(外科の先生じゃない)。ちょっと眉唾物な感じもするんですけどね~。効く可能性があるならば、害はないものなので試してみてもいいかなぁとちょっと思っています。

2013.09.02(Mon) 12:06       lady green さん   #-  URL       

遅きに・・・・

yoshikoさん、ごめんなさいね!
えっと、姉にも伝えてあるのですが
足湯効果はとてもグーだそうです。

姪、つまり姉の娘と私と二人がかりで
手術をした総合病院の担当医とは別に
補助療法をしてくれる総合医療クリニックにも通い始めました。
そこではね、光明皇后(古いな!)が日本初に開院した悲田院でもメインだった
「びわの葉」温熱療法もしてくれます。
びわの葉ってすごい効き目あるんですよ。
なので、基本的に温熱治療はいいと思うのです。
がっ、6万円は高すぎ????

メルマガで北海道に在住される腫瘍内科医・加藤隆佑氏が出している情報は役に立ちます。
抗がん剤が百花繚乱だと、どれが適切か、これも悩みが尽きないと思います。
私、すごく力をもらうことありますよ、彼のメルマガ。

2013.09.04(Wed) 08:56       sylphide1832 さん   #-  URL       

Re: 遅きに・・・・

シルフさん

足湯とか半身浴とか、下半身を温めるっていいって言いますよね。
私も半身浴はずっと続けていて、風邪引きにくくなりました。

お姉様も色んな療法試されているんですね。
温熱療法、やっぱり良いのかなぁ・・・。
やってみようかなぁという方向に気持ちが傾いています。

ご紹介頂いたメルマガ、私もチェックしてみます。ありがとうございます。

2013.09.05(Thu) 12:46       lady green さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?