良いフィードバックを頂けました

企業でのTOEICクラスですが、先日法人担当者の方がレッスンオブザーブに来られて、
フィードバックを頂くことが出来ました。
有難い事に、とても高評価を頂けました。
TOEICのTipがたくさん散りばめられていて大変勉強になるということと、
生徒様たちが先生の話をすごく熱心に聞いているのがすごく伝わってきたと。


これは初回のレッスンでも感じたことなのですが、
生徒様たちはとても一生懸命に私の話を聞いてくれていて、
所々でノートを取りながら「学ぼう」という姿勢が伝わってきます。


これは私のレッスンが良いからなのか、やる気のある生徒様に恵まれたからなのか、
その両方の相乗効果か・・・。


なんにしろ、良いフィードバックを頂けてすごく嬉しいです。
しかしそこで調子に乗ると後でアカンことになったりするので、
気を引き締めて残りのレッスンを教えていかねばと思います。


後残り1ヶ月位なんですが、自宅での学習状況を確認してみたところ、
皆さんなかなか出来ていないようで・・・。
ある生徒様は「強制力がないとやらないんですよね・・・」とのこと。
そうなんですよね~、本当に。
やっぱりもっと宿題がんがん出した方が良かったのかなぁとちょっと反省。
とにかく脱落者を出したくないという気持ちがあったので、ちょっと甘くなってしまった気もします。
アメとムチのバランスが本当に難しい。


良い授業をするということはもちろん大切ですが、
授業外でいかに学習習慣を身につけさせられるかというのも教師の役割なんですよね。
改めてそのことを気づかされました。
そしてそれは、良い授業をすること以上にもっと難しい。


みんなもういい大人なんだから、自己責任でしっかり勉強しといてね
って思ったりもするんですが、それが出来ないから来てるんじゃんっていうのもあります。


スクールでの仕事もそうですが、授業するだけでいいんだったら楽なのになぁ。
でも、+αの部分にやりがいがあったりもする。
そして、その+αにやりがい感じて一生懸命に取り組めば、
得られるものも多いのだけれど、負担もまた多くなる。
だから、ほどほどにしておかないと、また体壊すぞ私っていう風にも思ったり。


自分の体とも相談しながら、よい形で仕事していけるようにしたいです。
ど~するのがいいのかなぁ。




関連記事

コメント

  • 2013/09/06 (Fri) 11:17
    読んでいて

    うれしくなるお話ですね。
    双方向の魔法が起こったんだと思います。

    教える側・手伝う側も常に考えて迷いますね。

    >みんなもういい大人なんだから、自己責任でしっかり勉強しといてねって思ったりもするんですが、それが出来ないから来てるんじゃんっていうのもあります。

    そうなんですよねぇ…。

  • 2013/09/06 (Fri) 12:45
    Re: 読んでいて

    Shira さん

    そういう風に影響しあっていけるというのが、人と関わる仕事の醍醐味ですよね。
    上手く行かないこともありますが、上手く行った時の快感を知ってもいるからやめられない。

    Shiraさんがおっしゃるように「双方向の魔法」だったら嬉しいな♪
    残りのレッスンも良いものにしていきたいです。
    そして、双方が「よく頑張った!」と思えて気持ちよく終えられるセミナーになればと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する