Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

母の3回忌 

今日は母の三回忌の法要でした。
ちゃんと準備しているつもりでいたのですが、いざ当日になってみると、
うっかりしていた事やわかってなかった事が色々あって
皆に助けてもらって何とか無事に終わった、という感じです。


昔はこういう法事とかって、な~んも考えずに家族に付いて行ってただけでしたが、
大人になると、自分が色々と段取りしなくちゃいけなくなる。
そして、ちっともきちっと出来てない(涙)
でも、何とかなったからまぁいいか。


自分ひとりで何もかもは出来ないし、そうしようとするとパンクしちゃいます。
私がうっかりしている所を誰かがフォローしてくれて、
誰かがうっかりしている所を私がフォローして、
そうやってお互いに足りない所を埋め合っていければいい。


何だか忙しい一日でしたが、良い一日でもありました。
私って実は結構忙しいのが好きなのかもしれません。
あんまり暇だとかえって不安になる、みたいなとこがあるかも。
「こんなにノンビリしてて大丈夫なんだろうか?」って思ったり、
考えても仕方のないようなことで悩んだり。


今日は10人くらいの親戚が集まって、「もう2年になるんやねぇ」って話をしながら、
私もこれまでの色々なことを思い出しました。





何か、いろいろ大変でしたが、でもまぁ今こうして無事に生きてるって有難い。
人生いろいろありますし、いい事もあれば辛いこともあり、
悩みの種も尽きないし、常に何か不安を抱えていたりするんだけれど、
でも、とりあえず、今無事に生きてるってだけでまぁOKなのかなって思います。


2年前の今頃、母が亡くなり、その2週間後位に私の再建手術があり、
それからがんの再発が見つかり、仕事を退職して、
翌年1月から抗がん剤治療を始め。
今振り返ってみると、何とも怒涛の日々であったように思います。
気持ちの上でもアップダウンがたくさんありました。
それでも何とかちゃんと乗り越えて、今それなりに元気に生きています。


ちょうど仕事を退職する前だったか、職場の同僚が食事に誘ってくれて、
一緒にご飯食べておしゃべりしながら、一人の同僚に言われました。
「今この状況でどうして笑顔でいられるの?」って。


母が亡くなり、自分のガンの再発がわかり、翌年から抗がん剤治療が始まる。
そんな中、同僚とふつーに笑顔で食事ながらおしゃべりしていることが
彼女の目には不思議に映ったようでした。


治療への心配はもちろんあったんですが、その時の私は
「副作用の心配は治療が始まってからしよう」と思ってたのです。
まだ起こってない事を心配して時間を過ごすのはもったいない。
だから今は、今のこと楽しんでおこう、って思ってたのです。


やっぱり少しでも楽しく時間を過ごせたほうが得な気がするし。


それでも、気がつくとあれこれと先のことを考えて不安になったりするのだけれど、
自分のこれまでの人生を振り返ってみると、全部とりあえず何とかなったのだから、
これからも何とかなる可能性が高い。
何とかならないかもしれないけれど、ゲームオーバーになるまで、
一生懸命に生きつづければいい。


最近読んだ本に、こんな事が書いてありました。


人生とはゲームのようなもの。
そして、そのゲームを楽しむには3つのルールがある。
一つ目に、ルールを守ること。
二つ目に、真剣にやること。
最後に、深刻にならないこと。


アドラー心理学 トーキングセミナー―性格はいつでも変えられる (マインドエージシリーズ)アドラー心理学 トーキングセミナー―性格はいつでも変えられる (マインドエージシリーズ)
(1989/02/28)
野田 俊作

商品詳細を見る




真剣にはやるけど、深刻にはならない。
これって大事なこと。


でも、つい深刻になっちゃう。
それに、深刻な状況でニコニコしてたら怒られちゃう。
そこが難しい。


あぁ、なんか今日は真面目な話になってしまいました。
とにかく、3回忌無事に終わってめでたしめでたし。
まだまだやる事は一杯あるし、人生の課題も山積みだけど
とりあえず今こうして無事に生きてるんだからまぁいいやん。
何とかなるさ。きっと。この先も。
残りの人生楽しもう♪






関連記事

Comment

Add your comment