Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

学ぶ意欲 

今日は私が卒業した大学のイベントに行って来ました。
何だかめっちゃ懐かしかったです。
同級生と再会、とか、恩師と再会、とかは全くなく、
ただでお能の公演が見れるということで
「こりゃ行っとかな!」と行って来た次第です。
ちょうど学園祭も実施されていたのでついでに覗いて行きました。
いやぁ、この雰囲気、懐かしいわあぁ!


私は短大を出てからこちらの大学に中途編入しているので、
正直、愛校精神は若干薄め。
しかも、大学は統廃合されてかなり様変わりしてる。
それでもやっぱり、懐かしいなぁと感じました。


今年、大学レッスンした時にも思ったんですが、
私、「大学」という場所が好きなんだと思います。
学問する場所が好きなんですよね。
あんまり学問してない学生も多いかもしれませんが、
それでもやっぱり大学って、学問するための場所ですもん。


そういう場所に行くと、私も刺激を受けて、また勉強したくなります。
勉強するのが好きなんだと思います。
「学びたい」という欲求が強いのだと思います。
そして、学んだことを教えたい。
だから先生してるんだな、と改めて実感。


私は人が生きていくうえで、「欲」というものが絶対に必要だと思っています。
欲がないと人は生きる意欲も失うんじゃないかと思います。
そして、どんな欲を持っているかはきっと人それぞれに違うと思います。


私はやっぱり知識欲が一番強いんじゃないかなぁと思います。
生きる意欲が最も湧くのは「まだまだ勉強することがいっぱいあるぞ!」
と思った時。
物欲よりも食欲よりも何よりも、これが一番です。


「学びたい」という欲求が湧き上がった時、本当に心から
「あぁ、神様、まだ私の命を奪わないで!」と切実に思います。


「また大学に行きたいなぁ」と思うことが時々あります。
「大学院に行きたいなぁ」、とか。
でも、そうすると当然ながらお金がかかるんですよね。
病気して治療にも結構なお金がかかり、
しかも仕事もそれ程にハードに出来るわけではなく、
そう考えると「お金のかかることばっかしてないで稼ぐこともしな~」て思います。


何も大学に行かなきゃ勉強できないってわけではない。
「勉強したい」って気持ちさえあれば、どこでだって出来る。
考えてみれば、子供の頃からずっと、決して経済的に恵まれた環境にはいなかった。
塾とか予備校みたいな場所にはほとんど通ってない。
英会話スクールにも通ったことがない。
それでも、英語がちゃんと話せるようになった。


そりゃあ、もっとお金かけれたら、もっと早く上達したかもしれないし、
今頃もっと高給取りな仕事してるかもしれない。
私はすごい遠回りしているのかもしれない。


それでも、やっぱり、人は与えられた環境の中で努力していくしかない。


そうやってこれまでの自分の人生を振り返ってみたら、
色んなこと全部含めて、自分がこれまで通ってきた道は
もしかして全て私に必要な道だったんじゃないかって気がします。


あんまり恵まれた環境にいたら、かえって努力しないかもしれない。
何でも与えられたとしたら、かえって感謝しないかもしれない。


今、自分に与えられた環境の中で、努力していくことが大事。


人と比べると、私には「ない」ものが一杯ありますが、「ある」ものも一杯ある。
そして、「ない」ものを補って工夫していくことで、人は色んなことを学ぶのかもしれません。



「勉強したい!」って思えるってことが、実は一番幸せなことかもしれませんね。



関連記事

Comment

Add your comment