Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

男子フィギュアの結果

  16, 2014 16:27
男子フィギュアスケート、終わってしまいました。
早朝3時に起きて、生で見てました。
ほんとにドキドキしました。


高橋選手、メダルには届かなかったけど、心にグッとくる素敵な演技でした。
ジャンプが思うように決まらなかったのは残念。
でも、今できる最高の演技だったんじゃなかったかな。
演技後の晴れやかな表情がとても印象的でした。
悔しい気持ちもあるだろうけれど、すっきりした気持ちでもあるんだろうな。


フィギュアスケートはスポーツだから、ジャンプが決まらないと点数が伸びない。
だから点数としては仕方ないんだけど、ひとつの作品として見た時、
やっぱり彼の表現する世界っていうのは格別な気がします。
内側から滲み出る何かがある。
バンクーバーの時の演技もそうだったけれど、
高橋大輔という人の人生や人間性みたいなものが現れている気がする。
でも、こういうの、若い人たちにはあんまりわからないのかもしれないな。


モーグルの上村愛子選手もそうだけれど、
メダルに届かなかった選手に感動をもらいました。
彼女の涙も綺麗だったな。


勢いのある若手がどんどん出てくるのは嬉しいけれど、
色んな経験を乗り越えてきた選手だからこそのものがあるという気がします。
そういうものに心が震えるのは、やっぱり年取ったからなのかもな。
そう考えると、年取るのも悪くないかなぁなんて思ったりもします。


金メダルを目指してみんな努力をするのだけれど、
でも最終的に目指すのはメダルとは違う何かのような気がします。
メダルは最終ゴールではない。
オリンピックでも人生でも、勝つことが目的なのではなくて、
その先を超えたところにもうひとつ何かがあって、
人はそこにたどり着くために生きているような気がする。


人生には「目に見える成功」と「目に見えない成功」とがあって
最終的に目指すのは「見えない成功」の方なんじゃないだろうか。
見える方の成功に気をとられることが多いのだけれど
「違うよそっちじゃないよ」ということを
高橋君を見ていて教えられたような気がしました。


ちなみにYou Tubeで、フィギュア男子3選手と演技後に中継でインタビューした動画がありました。
引退した織田君がスタジオから「おっつー」と声をかけるんですが、
羽生君、町田君、と話して最後に「大ちゃん」と話しかけると、
話し出したとたんに感極まって泣いてしまう織田君。
なんだか心がほっこりしました。
関大コンビでしのぎを削っていた時代があったよね。
ライバルだけど仲間でもある。なんかいいですね、そういうの。



http://youtu.be/cyTmeyb1Hbk







関連記事
  •   16, 2014 16:27
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Mon
2014.02.17
08:53

sylphide1832  

成功と失敗の間には

一番大切な「過程」がありますよね。
その過程をじっと見守りつつ励ましてきた人の力って
がんばる本人には何よりの宝や力になると思います。
羽生君や町田君、そして大ちゃんも、
本番であれくらい力いっぱい滑れるためには
普段の基礎練習をどれほど長くやり続けたのかと頭が下がります。
一瞬の競技会での滑りを支えているのが
何度も転んだり打ったり、そのあとに痛みに苦しんだ時間があるはずですから。
白黒の二分法で切り捨ててしまうことは
その誠実に取り組んできた本人しか分らない試みを全て否定することになりますよね。
大ちゃんもメダルには届かないだろうと一番分っていたはずです。
コーチもキス&クライで彼が謝ろうとするのを
「もういいから、何も言わなくてもいいから」と話していたように口の動きから読みとれました。
彼は鈴木選手と同じく、素晴らしい指導者になってくれると思います。

2014/02/17 (Mon) 08:53 | REPLY |   
Mon
2014.02.17
15:08

lady green  

Re: 成功と失敗の間には

シルフさん

素敵なコメントありがとうございます。
町田君も羽生君も大ちゃんも、みんな3者3様に素敵な演技だったと思います。

でも、高橋君にはやっぱり一番思い入れがあるんですよね。

東京での世界選手権の頃からずっと応援してきたから。
7年前くらいからかな?
ちょうど仕事で色々と大変なことがあったりした時期で、
彼の頑張りにすごく励まされたのです。
日本人男子で初の、世界選手権銀メダル、すごく嬉しかったなぁ。

山あり谷ありの選手人生でしたが、これだけ長い間第一線で活躍してこれたのは
すごいことではないかと思います。
その間、リアルタイムで彼の演技を見られた事を嬉しく思います。

2014/02/17 (Mon) 15:08 | REPLY |   

Post a comment