Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

第1回課題

さっそく課題に取り組んでいます。
昨日、今日で英日、日英の課題をそれぞれ取り敢えずの形に仕上げてみました。
どれほどの仕上がりになっているか自分ではよくわかりません。
きっとたくさんダメだしされるのだろうと思いますが、
あまり凹まずに勉強を続けていければと思います。


ジャンルは幅広く扱うようで、英日はビジネスに関するもの、
日英は生活に関するものとなっていました。
最初はなかなかエンジンがかからず、「わから~ん」と思うのですが、
調べ始めると段々と面白くなってくるから不思議です。
用語を調べていく中で色々な事がわかってきます。
英文を読み解く過程でそのテーマに関して色々な学びがあったりして
「へぇ」「そうなんだ~」と思う事が度々。
内容を理解することはもちろんですが、
日本語に訳す際に「これは正式な日本語での名称があるのでは?」
と考えていちいち検索していきます。
そうすると、やはり出くわすのです、正式名称に。
「おお!あったぞ!」とちょっと楽しくなったりします。


そうするうちに最初はあまり興味の持てなかった内容でも段々と面白くなってきて、
なんだか新しい世界にちょっと足を踏み入れたようなワクワクする気持ちが生まれてきたりします。


そうして内容への理解を深め、用語を調べ、背景を知り、日本語表現を考え、
翻訳という作品を作り上げていく過程は、なかなかに楽しいものです。


ビジネス翻訳の世界がどのようなものなのか私は十分に理解していないと思いますし、
おそらく商品として通用するレベルには達していないだろうと思います。
翻訳を生業としている方からは笑われるかもしれませんが、
私にとって一つの文書を翻訳するという作業は、
一つの作品を作り上げる事のような気がしています。
芸術作品とまで言うと大げさかもしれませんがそれに近いようなものを感じます。


職人的な仕事でありながら、同時にどこかクリエイティブなものでもある気がします。
まだまだ駆け出しの私ですが、翻訳を面白い、と感じています。


この気持ちが半年間続くかちょっと不安でもありますが。


あ、ちなみに先日の通訳テストの方は
英日がD、日英がC
との判定でした。


やっぱり翻訳の成績の方がまだいいなぁ。


私には通訳に求められる瞬発力やパワーや記憶力が欠けてる気がします。
語彙力の低さも致命的です。
もちろん翻訳にも語彙力は必要ですが、咄嗟に出てこなくても調べられるのがいい。
そして自分の語彙力のなさを知っているために単語や表現をいちいち調べます。
きっとこういう意味だろうと思っても、何となく引っかかる単語は調べてみます。
そうすると、思っていたのとは違う意味が判明したり。
翻訳にはこういう慎重さがもしかして必要なのかもと思ったりもします。
そして、テストでも唯一高評価だった文法力が、
英文の解釈やライティングの際に役に立つようにも思います。


とにかく小さな一歩(いや、大きな一歩かも?)を踏み出したので、
出来るところまでやっていきたいと思います。


ちなみに心配していた学習時間の捻出は、今のところは何とかなりそうです。
まぁ、これから段々と課題が難しくなってくるとしんどいかもしれませんが、
とりあえず、あまりハイクオリティーを目指さなければ何とかなるのでは?
ホントはハイクオリティー目指すべきなんでしょうが、限界っていうものもあるので。
出来る範囲で出来るだけのベストを尽くして、最後までドロップアウトしないことが目標です。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Lady Green(LG)さんでしたね(汗)。
えっと、インターは翻訳コースで入られるのですか??
私、てっきり通訳コースかと思っておりました!
メディカルの方も奥が深いです。
まだ基礎コースなのでこんな悠長なことを話てられるのかも??
指示代名詞や定冠詞のtheの大切さを日々感じてます!
すっごい助っ人なんですよ。
この感覚がジワジワ分ってくると、英文を読むときの態度が変化してくるのが分りますね。
受け身じゃなくて前向きに戦うぞ、という感じで
生き生き読める感じがします。
がんばりましょうね、エイエイオォ~~♪

2014.04.15(Tue) 22:45       sylphide1832 さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

シルフさん

LGって言うとなんか一昔前に流行ったレイザーラモーンを連想してしまう私・・・。
ぜひ、小文字でお願いします。あ、カタカナでもいいですよ。
レディ・グリーンって、ちょっとガガっぽくないですか?

通訳には興味がなくはないんですが、やっぱり今後長く続けていくこと、
自分の体力的なことも考慮してやはり翻訳を志望しています。
適正テストの結果からもそっちの方が可能性ありそうですし。

冠詞や指示代名詞は大切ですよね。それに、単数か複数かというのも!
DHCの講座を受講していた時にもそこを指摘されたことがあります。
「複数形を訳語に反映させて下さい」と。
あの時本当に、自分がこれまでいかにいい加減に英語を読んでいたかを痛感しました。

2014.04.16(Wed) 10:57       lady green さん   #-  URL       

始まりましたか~

こんにちは。始まったのですね。

自分で書いたものってなかなか第三者の目で読めないので、通学や通信課程には大きな意味があると思います。

通訳適性判定はすでに通訳訓練を受けた人のためにある気がします(私も英日逐次 D・日英逐次 Cでした)。

2014.04.16(Wed) 22:01       Shira さん   #bT/tHvaU  URL       

Re: 始まりましたか~

Shiraさん

始まりました~。
初授業は来週なんですが、1回目の課題はとりあえず仕上がりました。
これがどう直されるのか・・・。
おっしゃる通る、自分一人ではわかりませんね。
誰かに見てもらうって大切ですね。

通訳テスト、Shiraさんも最初は難しかったですか?
あれは特別なスキルがいるという気がします。
通訳者としての道を歩まれているShiraさんを尊敬します。

私も翻訳の方でがんばってみます。

2014.04.17(Thu) 09:30       lady green さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?