Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

満点への道途絶える

翻訳の学習を始めて以来、TOEICへの拘りがすっかりなくなりつつあります。
先月のTOEICが965点に終わった時点で、
そろそろ満点に拘るのを止めようかとは思っていましたが、
インターのクラスを受講し始めてさらに気持ちに拍車がかかっています。


「TOEICのカリスマ講師」とかを目指すのでなければ、
TOEICで満点を取ることは必要でない気がします。
そりゃあ、取れたらいいけれど、まぁ別にいいか、という気分です。


TOEICクラスの指導をしているので、ある程度の知識やTOEICのコツは必要ですが、
満点を取っている必要性はまったくないし。
ただ、教えている身として、TOEICを受講することは続けていたいと思います。


同じ英語の勉強でも、TOEICの勉強と翻訳の勉強では全く違う勉強です。
TOEIC対策にかける時間を、やはりもっと違う勉強にかけたい。
翻訳作業が楽しくなってきているので、余計にそう思います。


何が良くて悪いかということではなく、何を選んで何を捨てるかということだと思います。


なので、決して、TOEICで満点を取る事が意味のないことだということではありません。


人はつい、自分が大切にしていることを、他人にもそうあるべきだと言ったり、
逆に自分にとって価値のないものを、取るに足らないものであるように言ったりすることがあります。
自己を肯定して他者を否定したり、自己を否定して他者を肯定したり。
どっちも肯定すればいいんだけど。


とりあえず、私はTOEICでの満点というのを手放すことにしました。
そして、その代わりに、翻訳というスキルを手にすることを目指そうと思います。
それには、英語力だけではない色々なスキルが必要です。
そういったスキルを学びながら、英文をしっかり理解し、
そして、自然で間違いのない英文を書けるような英語力を目指していきたいと思います。
同時にまた、洋画の英語を全て聞き取れるというような
高いリスニング力を身につけることも手放したいと思います。
これもまた、翻訳者にはそれ程に必要でないスキルだと感じます。


自分の目的にあったスキルを、取捨選択していきたいと思います。
欲張るのはやめます。
これまで、ちょっと欲張りすぎてた気がします。
全てにおいて秀でた英語でなくて良い。
読む・書く・聴く・話すの4技能を、それなりには出来るようになっているので、
ここから先は必要なところにシフトしていくのが良い気がします。




関連記事

Comments

いえいえいつでも戻れますって

大丈夫ですよ~~。
まだお若いんですから、また通訳やってみるもん!と
宗旨替えなさっても全然大丈夫じゃないでしょうか??
私は本当に不器用で大勢の中であれこれ深く考えるタイプなので
じっくり自宅であーでもない、こーでもないと考えながら仕事をするほうが向いているんだろうなと思います。
LGさんなんてもっと刺激があるほうにまた行きたいなぁと思われてもいいじゃないかなぁ~~。

2014.04.23(Wed) 23:05       sylphide1832 さん   #-  URL       

Re: いえいえいつでも戻れますって

シルフさん

まだまだ若いはずなんですが、20代の頃と比べるとやっぱりねぇ。
何でも出来る!とは思えなくなってきます。
病気したことも大きいですね。
そこはやっぱり不安で、メンタル面でもダメージが大きく、
行動を起こす際に大きなブレーキがかかっています。

なので、やっぱり通訳は技術的にも精神的にも体力的にも厳しいです。

刺激はね、やっぱり求めたくなるだろなぁと思います。
私にとって講師の仕事はとても良い刺激なので、
翻訳の方に進んでいっても講師の仕事にはきっとまた戻ってくると思います。

理想は、翻訳の仕事をしながら時々講師の仕事もして、
自分の学んだことや経験を人に伝えていく、ということかなぁ。

2014.04.24(Thu) 11:45       lady green さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?