Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

課題に追われてます

なんやかんやと忙しくしていてブログをしばらく放置してましたが、
私はなんとか無事にやっています。
翻訳課題が結構大変で、パソコンの前に座ると、ブログ更新するよりも
課題を仕上げることが優先になっちゃっています。
用語とか調べだしたらきりがないし。


課題は本当に幅広~い内容を扱うので、面白いですが大変でもあります。
英日クラスは楽しいんですが、日英は結構辛かったりもします。
めっちゃお堅~いビジネス文書だったりすると、日本語の読解が出来なかったりして。
毎回課題文書を見るたびに「こんなん訳されへ~ん」と思います。
でも、やらなきゃいけない。なので、色々調べて試行錯誤してなんとか仕上げる。
そしたら、なんとか体裁だけは整う。


でも、先日の課題文は日本語が難しすぎて、訳しながらだんだん意味がわからなくなり、
提出後に一部すっぽり訳抜けしてしまったことに気付く。
あ~、やってしまった!こういうのは駄目ですね。ちゃんとチェックすることの大切さを痛感しました。
しかし、担当のイギリス人先生も訳抜けしてることにお気づきになっていませんでした。
原文があまりにややこしすぎたのと、その部分が抜けても全体の辻褄が合ってしまうもので・・・。
ま、そういうこともあるかしら。


しかし、やっぱり日本語ネイティブの私には英語を書くのは難しいです。
日英やっぱ難しい。でも、とても勉強になります。
フォーマルな英語からカジュアルな英語まで色んな英語の書き方を学べるし。
文法や言い回しだけでなく、「内容に合わせた相応しい英語」を教えてもらえる。
そこが一番、勉強になる点かなと思います。
そして、毎回、冠詞にチェックを入れられます。
やっぱり a と the の使い分けは日本人には難しいわ。
完全にマスター出来る日は来ないんじゃないかと思います。


一方、英日クラスは日英ほど辛くありません。
そこまで難解な英語は出てこないので、言わんとすることは概ねわかります。
ところどころで引っかかるところはありますが、そこは辞書で調べてネットで検索して、
後は前後の文脈から推測して訳しています。
どう日本語に訳そうかなぁ、と試行錯誤するのが楽しかったりします。
時々先生が褒めてくれると嬉しかったりして。


最近めっちゃがんばって勉強しているので、きっと力つくだろうなぁと思いますが、
コース終了したらなんか抜け殻のようになりそうでちょっと怖いです。
燃えつきやしないだろうか?


週二日通っている授業がなくなり、課題に追われることもなくなれば、
非常に楽になるのですが、楽すぎて心に穴があきそう。
平和な日々を過ごすのが苦手な私です。
きっと心の不安を埋めるために、色んなことにチャレンジするのかもしれないな。


翻訳クラスが終わったら、またダンスを再開しよう。
仕事も、今、大学での授業に行ってますが、短期なので、
また秋には新しい派遣のレッスンが入るかな。
もうちょっと働いて、収入アップしたいんだけどなぁ。でも、頑張りすぎてもアカン。
バランスが難しいわ。


あ、ちなみに洋書はNever Let Me Go読み終わりました。

Never Let Me GoNever Let Me Go
(2011/12)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る


なかなか読み応えがありました。
後半辺りからどんどん引き込まれていく。
決してハッピーな物語ではありませんが、切なさや美しさを感じさせ、
心に残る作品です。
私はけっこう好きな作品です。
軽く読めるものではないし、「読みやすい」作品ではないかなとも思いますが、
また心にゆとりのある時に、Kazuo Ishiguro作品を読んでみてもいいかな、と思います。


ちなみに、次に読み始めたのはこちらの作品。

Summer on Blossom StreetSummer on Blossom Street
(2010/04/27)
Debbie Macomber

商品詳細を見る


これは軽く読めそうな感じです。
おんなじタイプの作品ばかりだと疲れてきそうなので、
色々タイプを変えて読んでいこうと思います。
あ、これって翻訳クラスの課題と一緒か(笑)


関連記事
スポンサーサイト

Comments

おねだりしたみたいで

ブログ更新、ごめんなさいね!
いや~~、通学制の翻訳クラスの情報、
すっごく有難いです。
いま格闘(激汗)しているメディカル英日ですが、
どうも私に一番欠けているのが「専門知識」だと
やっと(←遅いでしょ?)気がつき始めました。

そうするとかなり楽天家の私でも
『もう無理かもしれへんなぁ・・・・・』
とメディカル分野の翻訳者の夢は遠すぎて心細いです。

あんまり完璧なゴールを目指さず、
まず全6回提出の最終回、第6回の課題を提出させます~~。
LGさんもどんどん質問など講師の先生に浴びせかけて
高い授業料の元じゃなく倍ぐらい実力をつけてください。
通えないほどいなかの地方在住の私は、
やはり通信制で自問自答しながら頑張ります(涙)。

2014.06.14(Sat) 16:30       sylphide1832 さん   #-  URL       

Re: おねだりしたみたいで

シルフさん

いえいえ、そろそろ更新しようかなぁとちょうど思っていたのですよ。

専門知識っていうのはやっぱり大事ですよね。
普段あまり意識してなかったりしますが、バックグランドの知識で読解力はかなり左右されますもんね。
英語力がそれ程高くなくても、その分野の知識があれば、それで理解できることもあるでしょうし。
医薬に限らずどの分野でもそうですよね。
私もやっぱり専門知識が欠けてるんですよねぇ。

あまり高きを目指しすぎると撃沈してしまうので、
今よりも少し上を目指してがんばっていきましょう。
私も自分の力不足を痛感させられる日々ですが、
どんなに頑張っても自分の実力以上の訳は出来ないので、
出来る限りの良い訳を心がけて、そうしながら、少しずつ実力も上げていきたいなと思ってます。

って、自分で書きながら、自分でちょっと励まされた(笑)
私もめげずにがんばります。

2014.06.14(Sat) 20:57       lady green さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?