Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

いつもと違うクラス

今週、スクールでのレッスンがお休みなもので、いつもと違うディスカッションのクラスに参加してきました。
一回完結型のクラス。スクール生以外でも参加できるというクラスです。
生徒は割引価格で受講できるということなので、せっかくだから受けてみよう、と。
90分1000円ってかなりお買い得な気がしませんか?
いつもと違う先生でレッスンするのも楽しいんじゃないかなぁと思い、
スピーキングのクラスは初受講だわぁと結構楽しみにして行ったのですが、
なんとなく消化不良な感じで終わってしまいました・・・。
ちょっと期待しすぎたかな。


なんとなく、クラスに溶け込めずに終わってしまいました。
6人のクラスだったのですが、皆さんちょっとインテリなマダムな雰囲気。
何人かの方は、既に何度か受講されてるようで慣れた感じ。
若干のジェネレーションギャップもあったのか、私に知性が欠けていたのか、
なんだかあんまりディスカッションに入っていけず。
ディスカッションって難しいわぁ。
英語力+色んなテーマについての知識+クラスメートとの人間関係が必要。
やっぱりインターに来る生徒さんたちはみんな頭いいんかなぁ、
私ってアホなんちゃうんかなぁと思いながら授業を受けていました。


そういえば、翻訳クラスの初回レッスンでも思った。
「みんなが私よりも賢く見える。」
何ででしょうかね?
時々ほんとに、自分は世の中のこと全然知らないなぁと思います。


たぶん私、こういう真面目な雰囲気のクラスに慣れてないんじゃないかとも思います。
英会話スクールで長年教えてるとそうなっちゃうんでしょうかね。


ちなみに、先生は、最初に自己紹介をちょこっとしてくれましたが、
生徒の自己紹介はナシで最後まで名前すらわからない。
先生も生徒の名前を呼ばない。How about you?と視線で合図する。
決してunfriendlyな先生ではなかったのですけどね。
普段自分がレッスンする側にまわる時は、出来るだけ生徒さんの名前を覚えるように、
名前を呼ぶようにと心がけているもので、名前を確認すらしないっていうのはある意味衝撃。


大学でのレッスンでも、15人位の生徒さんを初回のクラスで名前と特徴をチェックして、
次のクラスでは名前を覚えて行くようにしました。
やっぱり名前呼ばれたら嬉しいじゃないですか?
ファーストネームで、○○ちゃん、○○くん、一般の大人の生徒さんは○○さん。
出来るだけ名前を呼んで、盛り上げて、楽しい雰囲気でレッスンするようにしています。
こないだの授業では、ちょっとゲームみたいなのをしたら、結構盛り上がって楽しかった。
生徒さんからも「こういうやり方も面白いですねぇ」と言ってもらえて、
「やっぱり楽しくレッスンした方がええなぁ。次もゲーム考えていこ」と思ったところ。


しかし、レッスンのやり方は人それぞれですからね。
インターでも、先生によってやり方違うんだろうと思うし。
生徒さんも、行って英語がしゃべれたらそれでいいという人もいると思います。
そこまで求めてない、みたいな。
私も、大学や企業でのレッスン、つい単調になりがちな時もあります。
スクールでのレッスンに比べると、生徒さんのレッスンへの目はそこまでシビアじゃない。
でも、どうせやるなら、楽しく出来た方がいいやん。
楽しくて、しかもためになるレッスン出来たらいいやん。
その方が自分も楽しいし、生徒さんも楽しいし、お互いハッピーやん。
準備するのは大変やけど。
いや、でも生徒さんによっては、マジメに知的にやりたい人もいるかも。
そういう人にとっては、楽しくワイワイするのは「軽い」と思うのかも。


ということで、何だか考えさせられるレッスンでした。
いい、悪い、じゃなくて、自分を振り返させられるような・・・。


しかし、きっとこのクラスは、もう受けないなぁ、と思います。
でも、真面目にやりたい人にはいいんじゃないかと思います。
一回完結クラスだし。お手軽に受けられるんじゃないかな。


って、こんな風に思っちゃうのは、こないだ久しぶりに行ったラテンダンスのクラスが
楽しすぎたせいかもしれません。
ギャップが大きすぎたかも(笑)


大学レッスンが楽しくできて、ラテンダンスでご機嫌になって上がったテンションが、
今日のレッスンで下がってしまいました(泣)
って、そうやって書くと、書いた事で気分が沈みそう。


なので、明日は楽しかったラテンのことでも書こうかな。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

こちらにコメントをありがとうございました♪

私がこのクラスに行ったときは、講師は カリフォルニアから来た講師で、

出身はエジプトとかいってた。

同じく、自己紹介もないし、他のメンバーはリピーターですね。 そうそう、マダム風の方いました(笑)

ディスカッションって、ディベートよりは「楽」というか、自分の思ったことをいうからまだいいですが、

割り込むのに勇気がいる(汗)
私が行ったクラスは、
あててくれなかったしな~(汗)

言うたもん勝ちスタイルでした(汗)

自主サークルで ディスカッション英語会に行ってるんですけど、そこのマダム3人くらいは 数年通訳学校に行ったとか、
輸出部門で働いていたとか、

やはりすごいわけで。。。

普通すぎる自分の経歴と、今の環境、年齢で

何ができるのかわからないですが、あきらめたら

もう自分には 「介護しか残っていない」

これになるのが嫌で 流れに逆らってます(汗)

がんばります。

LADY GREEN さんも健闘おいのりしています。

2014.06.15(Sun) 08:48       大阪の主婦 さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

大阪の主婦さん

コメントありがとうございます!
ブログを拝見するに、かなりお忙しいことと思いますが、
このレスポンスの速さに脱帽です。
「忙しい人ほど仕事が速い」とよく言いますが、本当にそうですね!
英語学習継続されている秘訣も、そんなところにあるのかもですね。
見習わねば!

講師の先生、どうも同じ先生のようです。
私の時もあててくれたのは最初だけで、後はおっしゃる通り「言ったもん勝ち」でしたよ。
まあ、ある意味で、ディスカッションなんてそんなものとも言えますが。

大阪の主婦さんの英語への情熱、素敵だなと思います。
経歴うんぬんよりも、そういう事が大事なのかもと思います。
私も病気で仕事を休んでいる間、「ここで終わるのは悔しい」と思って英語の勉強してました。
なので、「介護だけで終わりたくない」という気持ち、なんとなくわかるような気がします。
それがバネとなって頑張れるのかもしれませんね。

仕事と違って介護ってなかなか評価されにくい側面があると思います。
でも、だからこそ、その役割を担っている人の存在は貴重だと思います。
私は尊敬します。

これからも、介護に家事に英語学習にパワフルにこなしていって下さい。
応援しています。

2014.06.15(Sun) 10:05       lady green さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?