Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

Final Test

  31, 2014 10:02
先日、翻訳学校のFinal Testを受けてきました。
ビジネスレター+商品案内パンフレット(あわせて2ページ)を75分で英訳する。
辞書は使ってOK!
だいだい半分ずつ位の時間配分でやろぉ、と思って訳していったところ、
2ページ目の内容の方が格段に難しく、ちっとも時間が足りず、
最後の方はかなりいい加減な訳になってしまってました。
撃沈、な感じです。


隣の人なんて、早くに終わって、時間を持て余してる感じ。
え~っ、なんでそんなに早く出来るの?!只者じゃないぞ!
と思いながら、私は時間ぎりぎりまでやってました。


終わってから、「めっちゃ時間余ってましたよねぇ」と話しかけたら、
「いやぁ、でも適当ですよ~」とのこと。
普段の翻訳課題もあんな感じでやってるらしい。
それで、そこそこに出来てるわけだから、ちゃんとやったらすごい完成度になるのでは?


私なんて結構時間かけてやってる気がするなぁ。
それでも、直しは結構入れられる。
もしかして、私クラスの中で「出来ない子?」と、先日のテストでちょっと意気消沈。


しかし、Final Testの後で、ちょっと前にクラスで受けた文法のミニテストの結果が返される。
間違えたところの文法事項を先生がコピーして配ってくれたのですが、
なんとここでは私、満点を取れてしまいました!やった!
いや、でもちょっとまぐれもあるかもですが。


来週は英日のテストです。中間テストでも時間がやっぱり足りなかったので、
上手にペース配分して時間内にきっちりと訳さなくては。


こうやってクラスを受講したりテストを受けたりしていると、
なんだか自分の英語がよく出来てるのか出来てないのかわからなくなってきます。
どーなんですかねぇ~。


ま、結果を楽しみに待っておきます。






関連記事
  •   31, 2014 10:02
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Thu
2014.07.31
17:20

sylphide1832  

たぶん方向性がちがうんじゃないかと

私にしたら「こんな息子だったら」と理系公立大学を卒業した元教え子君。
彼が宗旨替えするということで、秋からカナダの語学留学をサポートしていました。
その入学にあたり、TOEICのスコア提出が条件になってまして、
仕方なく(汗)あまりできない部分をいっしょにreviewしました。
久々やってみて感じたのは、
『翻訳との二足のわらじは私にはムリ』
でした。
というのも、翻訳で求められるのはやっぱり精読力が第一。
それで、次はお客様からみて簡潔に的確に読めるかどうかという心遣いがどうしてもいるじゃないですか?
この心遣いのところまで私は辿りつけてないんですわ~~。
なので2匹のウサギが別方向に走ってるのを
器用に追いかけつつ捕まえるなんて不器用な私には向きませんねぇ。
どうもLGさんは教える方の講師稼業がずっとお好きみたいだと思いますよ。
先日、医薬翻訳の先生が進めていたMR教育研修テキストを購入。
薬理学なんですけど、めっちゃ分厚いです。
締め切りをもうけないと、たぶん読まないなぁって思います。
A4版、約400ページ・・・・・・・。

2014/07/31 (Thu) 17:20 | REPLY |   
Fri
2014.08.01
10:35

lady green  

Re: たぶん方向性がちがうんじゃないかと

シルフさん

カナダ留学、いいですね!TOEFLじゃなくてTOEICなんですねぇ。
留学にはTOEFLと思い込んでましたが最近はTOEICのこともあるんですね。

二束のわらじはやっぱり大変だと思います。
求められることがそれぞれに違うので。
でも、色んなことやってみたいという欲張りな気持ちがあるんですよねぇ。
これが自分を苦しめている原因かも(笑)

おっしゃるとおり、向いているという意味では講師が向いてるのかなとも思います。
翻訳するのも楽しいですが、レッスンするのも大好き。
なんか器用貧乏になりそうな感じもします。

シルフさん、超大作、がんばって下さいね~!

2014/08/01 (Fri) 10:35 | REPLY |   

Post a comment