Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

がががーん

昨日のお昼すぎ、父が見てるテレビに何気なく目を向けたら、あれ、大ちゃんが映ってる。
なんのニュースやろーと思って見てみると、画面の端っこに


高橋大輔引退表明

って書いてて ええーーーーーっっっっっ!


なんやかんやと話しかけてくる父に、
今ちょっと大事なニュース見てるから後にして!
と言ってしばらくテレビに釘付けでした。


引退するんかなぁとは思ってたけれど、いざ本当にこうやって引退表明されると
やっぱり寂しいなぁ~という気がします。


昔からフィギュアスケートは好きだったけれど、
嵌ったのはやっぱり彼がきっかけ。
何年前だったか、全日本選手権のエキシビションでの「ムーランルージュ」を見て、
圧倒的な表現力にすっかり引き込まれ、
男子フィギュアってこんなカッコイイんだって思ったんだよな。


技術的なことは私にはよくわからないんだけれど、
見ていてこんなに感動させてくれるフィギュアスケーターは他にいないと思う。
上手いとか下手とかそういうところを超越してなんか心にぐっとくる。
山あり谷ありの選手人生で、色んなこと乗り越えてきたから、
そういうのも全部ひっくるめて高橋大輔の表現する世界が出来上がっていったんだろうな。
がんばっている彼の姿を見て、「私もがんばろう」と励まされたことが何度となくありました。
きっとそういう人、たくさんいると思う。


何年か前に一度だけアイスショーで彼の生のスケートを見ましたが、
リンクの上で本当に光っていました。
決して大柄な人ではないはずなのだけれど、すごく大きく見えた。
オーラのある人ってきっとこういう人のこと言うんだろな、と思いました。


たぶんファン歴10年位だと思うんですが、
こんなに長いこと応援してきたのは、彼のスケートが好きだったからということに加え、
高橋大輔という人の人柄が好きだったからというのもあると思うな。
バンクーバー五輪でもソチ五輪でも、大変なこと色々あったけど、
いい事も悪い事もどっちも自分の糧にして、進化して成長していく。
引退会見でも言ってたけれど、
「怪我はしない方がいいけれど、でも怪我があったからここまで続けてこれた」。


そういう考え方好きやなぁ。
「怪我」を「病気」に置き換えると、自分の人生とも何だかリンクする。


もう試合で彼の演技を見れないのかと思うとめっちゃ寂しい。
アイスショーには出るみたいだから演技をもう2度と見れないというわけじゃないし。
今後また復帰する可能性もないわけじゃない。
もしかして、2年後位に復帰したりするんじゃないか?って気もするし。
本人も今後の事はまだ何も決めてないって言ってるし。


とりあえずいったん引退して、すっきりした気持ちで新しい道を模索して、
その先にまた現役復帰があるのかないのか。
復帰したらファンは大喜びで迎えるし、違う道を選んでもそれはそれで応援するし。


とにかく、今私が思うこと。


高橋大輔というスケーターと同じ時代に生きて、
リアルタイムで彼の演技を見ることが出来たことに感謝します!



たくさんの素敵なプログラムと、たくさんの感動をありがとう。
大ちゃん、お疲れ様でした~!



はぁぁぁ、なんか感慨深いなぁ。




関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?