Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

会話のためのインプット

ちょっと前の記事で、アウトプットの前にインプットが必要、
そしてどんなインプットをするかも大切
と書きましたが
インプット教材をどう選ぶかということは
会話力アップに大きく影響する思います。
そこのところ、あまり意識されてない人も多いのではと思いますが。


最初から英会話をやりたいと思って英会話スクールに通う人は、
自分の会話力に合ったクラスに入れられるので
使う教材は概ね自分のスピーキングレベルに合ったものになると思います。
つまり、自分が読んで理解できるレベルよりもちょっと(だいぶ?)易しめの教材になる。


ところが独学で英語を勉強していると、教材選びは自分ですることになる。
そうするとやっぱり、ちょっと難しめのものを選んでしまったりすることも多い。
だって簡単なものだと物足りないから。


知識レベルとスピーキングのレベルに大きく差がある場合
(多くの日本人がそうなのですが)、
インプット教材として難易度の高いものばかり選んでいると
なかなかこの知識レベルとスピーキングレベルの差が埋まらない。
スピーキング練習をせずに知識をどんどん追い求めていくと
スピーキング力はそのままで、知識はどんどん増えていくので、
場合によって差が埋まるどころか開いていってしまうこともあると思います。
そうするとなお更、「今更こんな簡単なレベルの会話練習はできない」という気持ちになったり。


もうすっぱり会話力アップは切り捨てて、英語の知識を追い求める
というのも、ひとつの勉強の仕方としてアリだと思いますが、
やはり4技能バランス良く身につけたいと思われる人は
スピーキングのためのインプットをしてみるといいのではと思います。


Timeを読んだりBBCニュースを聞いたり、洋書を読んだりして勉強している人。
そこで目にする文章や耳にする文章をそのまま会話で使えるかというと
たぶん使えないと思います(私だって使えません)。
話し言葉と書き言葉は違うし、ニュースの英語もやっぱりちょっと違う気がする。
使える表現もありますが、そのまま使えるわけではない。


スピーキング力アップのためのインプット教材には
読んだらわかる、でもスラスラとは口から出てこない
というような文章のものを選ぶ
のがいい。
そういう教材を使って、繰り返し音読したり暗誦したりするのがいい。


たとえばNHKの教材。最近は買ってないですが、私も何冊か持っています。
たとえばこのシリーズとか。


NHKラジオ 入門ビジネス英語 2015年4月号 [雑誌] (NHKテキスト)NHKラジオ 入門ビジネス英語 2015年4月号 [雑誌] (NHKテキスト)
(2015/03/17)
NHK出版 日本放送協会

商品詳細を見る



もうひとつ上のレベルだと実践ビジネスというのがありますよね?


NHKラジオ実践ビジネス英語 2015年 03 月号 [雑誌]NHKラジオ実践ビジネス英語 2015年 03 月号 [雑誌]
(2015/02/14)
不明

商品詳細を見る



こないだ本屋でパラパラと見てみましたが、正直これは難しすぎる
でも、読み物としては面白いと思うし、リスニング、リーディングには良いと思う。
でも、スピーキングには向かない(上級レベルの会話力があれば別ですが)。


あくまで私の私見ですから、それはあんたの英語レベルが低いからや
と言われればそれまでですが、でも、スピーキング力アップには入門レベルで十分学ぶことがある。
アウトプットに使えるかという視点で見ると選ぶ教材のレベルはガクンと落ちます。


あと、これも本屋で見かけていいなと思ったのが


NHKテレビ おとなの基礎英語 2015年 02 月号 [雑誌]NHKテレビ おとなの基礎英語 2015年 02 月号 [雑誌]
(2015/01/17)
不明

商品詳細を見る



TOEIC900点持っててなんでいまさら入門とか基礎のレベルやるん?って感じですが、
でもここで出てくる英語の文章が口からスラスラ出てくるかっていうと
そうでない人のほうがきっと多いと思うんです。
そして、この基礎レベルの表現を使いこなせれば、かなり英語が話せる
ここを飛ばして上級レベルの難しい英語表現をいきなり使おうとすれば
ちゃんと使い方を理解せずに難しい英語を使うことになり
かえって不自然な英語になってしまったり
ちゃんと意図が伝わらなかったりすることもある。


しかし、そうやって易しめのものばかり使っていると飽きもくるし物足りなさも感じる。
なので、2種類のインプットを同時並行でやればいいんじゃないかと思います。
自分の知的好奇心を満たしてくれるちょっと難しめのインプット。
スピーキングで使うことを目的としたちょっと易しめのインプット。



そして、英会話の際には易しめで基本的な英語表現・構文で話していき、ところどころでスパイスとして上級レベルの単語・表現を入れてみる。
私はそんな風に英語を話しています。


学習方法、好みもあると思いますが、スピーキングが苦手と思われる方は
こんな感じでやってみるといいんじゃないでしょうか?
会話で使うということを意識してインプットすると、
選ぶ教材も変わってくると同時にインプットの際の理解度も深まると思います。
会話で使いこなすためには、何となくわかっているレベルではなく
どんな風に使うのかどんなニュアンスを持っているのかなど
ある程度深く理解できていることが必要になってくるので、
そういう意識でインプットすると、これまで気付かなかったことに気付いたりします。



ちなみに私が今読んでいる本。


The Guernsey Literary and Potato Peel Pie SocietyThe Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society
(2009/05/10)
Mary Ann Shaffer、Annie Barrows 他

商品詳細を見る



だんだんと面白くなってきました。
手紙のやりとりで話が進むので、最初はどうなることかと思いましたが
ちゃんと話に引き込まれます。


ちなみに、洋書を読むときも、会話で使えるかということを考えながら読んだりするのですが、
やっぱりそのままの表現は使えないことが多い。
手紙だから、書き言葉ですしね。
でも、親しい友人に宛てる手紙だと会話的なカジュアルな表現も出てくるので
その辺りは使えるかな、という感じ。
ただ、こうやって洋書を読むことの利点は、
自然な英語表現をインプットできるということ。
どんな場面でどんな英語を使うのか、文法も頭で理解する文法ではなく、
実際にどんな風に使われ、どんなニュアンスを持っているのか。
それを感じ取れるのが洋書を読んで英語学習するメリットだと思います。
それに、読んでて楽しいし♪


昔は正直そんなこと考えずに本を読んでましたが、
今はそうやって色んなこと考えながら本読んでます。
たぶんそれは自分の英語のレベルが上がってきたことと、
歳とって知恵がついてきたおかげでしょうか。
歳取るのも悪くないですね(笑)




関連記事
スポンサーサイト

Comments

ちょっと、またじっくり読みに来るわ(爆)
まともに読んでなくて、ラジオ講座テキストが並んでいたので興味あるけど、
なんだかせわしない(汗)
今から実ビジ、ラジオ英会話聞かなあかん(爆)

で、ここのブログまた、うちでリンクして紹介しといていいかしら(爆)

ほなまた~(どどどど)(←走って去る)

2015.02.16(Mon) 20:51       大阪の主婦 さん   #-  URL       

大阪の主婦さん

なんかお忙しそうですね。またゆっくり読みにきて下さいね~。

リンクもちろんOKです。よろしくお願いしますー。

NHK講座は最近あまり聞いてないんですが良い内容のものが多いですよね。また本屋で色々とチェックしてみようと思います。

2015.02.16(Mon) 21:14       ladygreen さん   #-  URL       

うわぁ~この記事、すごくまとまっていますね!!
スピーキング対策、保存版にしたいくらいです☆
私も「実践ビジネス英語」をスピーキング素材にするには
難しいと思っていました。
けっこう小難しい表現が多くて、自分の中で消化して使うには
まだまだ時間がかかりそうだなぁと思います。
「おとなの基礎英語」は聞いたことないのですが
一度チェックしてみます。
基礎の表現を使いこなし、スパイスとして上級単語を入れる。
これを目指して精進します!

2015.02.16(Mon) 23:23       いんこ さん   #vm6DBcO.  URL       

いんこさん

わーい。保存版にしちゃって下さ~い。でも、まだまだ続編書きますよ!

実践ビジネス、難しいですよね。タイトルに反して実践的ではないみたいな。やはりあれは読み物として、知識をつけるためのものとして楽しむのがいいかと思います。

私もまだまだ学習中ですので、一緒にがんばりましょー!

2015.02.17(Tue) 11:03       ladygreen さん   #-  URL       

興味深い記事やったわ。。。
実ビジの内容は好きだけど、じゃあ実際、日常の会話で使えるのかといと、そうでもない(汗)
まだラジオ英会話のほうの英文の方がよく耳にするし、使えるような(汗)

この間、タイムトライアルを聞いたら、かなり興味深いし、英会話力直結だと思ったわ。

やりこむ度合いを変えようと思う。
いい記事をありがとう~♪
今日早速リンクします~(爆)

2015.02.17(Tue) 16:19       大阪の主婦 さん   #-  URL       

大阪の主婦さん

そうなんですよね。会話で使うと考えると、選ぶ教材変わってきますよね。

今日本屋さんでNHK教材チェックしてみたんですが、ラジオ英会話は良さそうですね。会話向きな内容。

会話を意識すると教材の幅が広がりますよね。めきめき力つけていって下さいね~!

2015.02.17(Tue) 21:49       ladygreen さん   #-  URL       

このような記事を読ませてもらえるなんて
ネットの世界に感謝…
本当に勉強になります!

TOEICの勉強を始めてから、もうストップしてしまいましたが、以前NHKの「タイムトライアル」で勉強していました。やはり「いかに簡単なフレーズでも、練習していなければ、自分の中になければ、出てこない」というのを実感していました。
あまりの答えれなさに、落ち込むこと多々…
これはTOEICの勉強を始めてから、もうストップしてしまいましたが。

今、TOEICのpart3.4で暗唱したりして、アウトプットを行っていますが、やはりこのパートの文は自分にはレベル高すぎなのかも…と感じました。

あー…早く目標達成して、TOEIC卒業して
スピーキングの練習したり、洋書読んだりしたい(涙)



2015.02.18(Wed) 08:53       パリネコ さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

パリネコさん



NHKの「タイムトライアル」って人気なんですね。スピーキング練習に良さそうな教材ですね。
TOEIC学習の気晴らしに、たまーにやってみては?

TOEIC学習って好きな人にとっては楽しいのでしょうが、そうでない人にとっては結構辛かったりしますね。
Part3,4の文章は確かにアウトプット向きではないかも。音読するには良いですが、暗誦は難しいかもしれませんね。

TOEIC学習ばかりだと息が詰まってくることもあるでしょうから、たまに気晴らし英語も入れながら上手に楽しんでやっていけるといいのでは?目標スコア達成できますように!


2015.02.18(Wed) 18:20       lady green さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?