Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

語学で稼ぐ!

趣味で英語をするのと、仕事で英語するのではやっぱり大きく違ってきますね。
求められるものも違うし、取り組む際の意識も違ってきます。
翻訳学習でも、勉強としてする翻訳と、仕事としてする翻訳は違います。
プレッシャーの大きさが違うし、やっぱり意識が違う。
去年、翻訳クラス受講していた際には
「仕事のつもりで課題に取り組もう」と決めてやっていました。
そう思ってやると、出る成果も違うんじゃないかな、と。


趣味で翻訳するのと、仕事で翻訳することの違い、
という点で、この本が非常に参考になります。
今、読んでいるところなんですが
めっちゃためになります!


産業翻訳パーフェクトガイド 最新版 (イカロス・ムック)産業翻訳パーフェクトガイド 最新版 (イカロス・ムック)
(2014/10/15)
不明

商品詳細を見る



翻訳会社がどうトライアルを採点するのか、という記事が非常に興味深い!
トライアル問題&解答例、そしてそれがどうチェックされるかが書かれていて
「なるほどね~」と思います。
仕事として翻訳する場合、どこに気をつけなきゃいけないのかがわかります。
そして、身が引き締まる思い。


英語が得意だから翻訳したい♪と気軽に考えてたら
実際に仕事始めてみたときにギャップがあるだろうなと思います。
それは、講師の仕事でも、たぶんどんな仕事でもそうなんですが。


仕事に対するある程度のこだわりは持っていたいけれど、
こだわりすぎては仕事ができない。
クライアントの意向というのもあるから、
フレキシブルに対応できるようにしておかないと。


翻訳者にも色んなタイプがいると思いますが、
私も自分なりの仕事のスタイルを確立していきたいなぁと思います。
この本読みながら、「自分はどんな風に仕事したいのかな」と改めて考えさせられました。


翻訳専業にはならないだろうな、と思うので、
講師業とどう上手くバランス取って行くか考えないとだな。
でも実際、翻訳しながら講師をされている方もたくさんいらっしゃるようだから、
(まあ、多くの場合「翻訳を教えている」のだろうけど)
私もそういった方々を見習っていくかな。


色んなことを起用にこなせるスキルが必要だなぁ。


ちょっと前の記事で、翻訳を仕事にするなら
情報収集能力と専門知識をもっとつけないとと書きましたが、そこにもうひとつ加えて
PCスキルをもっと高めたい
これ、苦手なんですよね。でも、やっぱり大事だなぁ。
そして、これが出来るかどうかで仕事の効率が全然違ってくる!


勉強すること一杯あるわ~。


それでも、好きなことに打ち込めている自分は
きっとすごく幸せな人間なんじゃないかなと思います。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?