Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

洋書おとな買い?

用事があってお出かけした際に本屋さんに立ち寄ってみたところ
ラッキーなことに洋書セール開催中でした。
某大型書店です。紀●国屋さん。
私、この本屋さんに行くと必ずと言っていいほど
本屋の中で迷子になるんですが、
今回はたまたま入ってすぐに洋書コーナーが。
かなりの冊数が陳列されておりました。
スティーブン・キングとかグリシャムとかが500円位で売りに出されている。
結構の人の入りようでどんどん本が売れていくんですが、
そうするとどんどん新しい本が補充されていく。
戸棚から取り出して中身をちょっと見ていたら、
店員がそのスペースに新しい本を入れていくもんだから、
返そうと思っても返す場所がない・・・。
これも戦略か?!買えよってこと?みたいな(笑)


いやぁほんまに洋書がずらーっとあって、テンションめっちゃ上がりました
思わずどドサっとおとな買いしたくなっちゃいましたが、
いやちょっと待て、そんなに買っても読まないんちゃう?
と冷静に考えてじっくり本を選んでみる。


基本的に私は小説はあまり買いません。
一度読んでそのあと読み返すということがめったにないので、
よほど気に入った作品だったり好きな作家さんだったりでないと
図書館で借りてすましてしまいます。
「是非これ読みたい!」という作品じゃないと買わないのです。
けっこう慎重派。小説ははずれもあるしね。


ということで、安いからといって衝動買いしたあかんで~
とじっくり物色してみました。
で、日本語の本でもそうなんですが
小説は買わなくても実用書はけっこう買う。
なので、やっぱり買うなら実用書系かな。
で、買った本。


Lean In: Women, Work, and the Will to LeadLean In: Women, Work, and the Will to Lead
(2013/03/12)
Sheryl Sandberg

商品詳細を見る



これ、前から気になっていたのです。
翻訳も出ていて本屋でけっこう大きく扱われていた。
その時中身をぱらぱらっと見て「面白そうかも~」と思ってた。
この本を700円でゲット!これはお買い得や♪
ちなみに同じ本、あと数冊残ってましたよ~。


で、これ一冊でやめとこかなと思ったのですが、
やっぱりあと1冊くらい欲しいなぁと思い、
これまた前々から気になっていたこちらの本をご購入。


Justice: What's the Right Thing to Do?Justice: What's the Right Thing to Do?
(2010/08/17)
Michael J. Sandel

商品詳細を見る



こちらも700円でゲット!でも、これは一冊しかなかったな。
マイケル・サンデルはNHKでやってた『ハーバード白熱教室』でおなじみですね。


ディスカッション好きにとって、かなり知的好奇心が満たされる内容ではと思います。
とりあえず、まずはこちらのマイケル・サンデルから読みはじめました。
一つの出来事を色んな角度から検討して正義とは何かを考える。
自分の価値観やものの見方に縛られずに多面的に物をみること。
先日の記事でもちょっとそんなことを書き、
大阪の主婦さんもコメントされていたように
違った視点から見るということがものすごく大事やと思うな。
自分の立場からしか見れないと、ほんとに凝り固まってしまう。
そういう人は、こういう本を読んで「視点変えると別のものが見える」
ということを学んでみるといいと思うのだけど、
ま、たぶん読まないんだろうな、そういう人は。


でも、やっぱりこういう実用書系の洋書は面白いなぁ。
そして英語が読みやすい。
いや、単語は難しいから、語彙力ない私には難しいとこもあるんですが、
話が理路整然と進んでいくのはけっこう気持ち良かったりもする。
内容濃いんで、読み終わるのに時間かかるかもしれませんが、
これはじっくり読みたい本やなぁ。


ちなみに、小説の方はLiterary Societyの本を読み終わり、

The Guernsey Literary and Potato Peel Pie SocietyThe Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society
(2009/05/10)
Mary Ann Shaffer、Annie Barrows 他

商品詳細を見る



先日ブログで書いたとおりにRobyn CarrのVirgin Riverシリーズを読み始めました。


Sunrise Point (A Virgin River Novel - Book 17)Sunrise Point (A Virgin River Novel - Book 17)
(2012/05/04)
Robyn Carr

商品詳細を見る



まだ始まったとこなんで何とも言えませんが、
やっぱり彼女の小説は読みやすいなぁ。
気楽に読めるのがいいね。
ロマンスは難しいこと考えずに読めるのがいい。
マイケル・サンデル読んだ後にこっちを読むと
英語が全然違うなぁと痛感します。
すごいギャップが大きいですが、まぁそんな風に違うタイプのもの読むことで
脳が活性化されるような気がするし、
自分の英語の幅も広がるような気がするな。


ということで、お風呂読書にロビン・カー
お部屋読書にマイケル・サンデル

という2本立てでしばらく行こうと思います。


しばらく読む本に不自由しなさそうだわ。


あ、ちなみに洋書セールは4月3日くらいまでやってるようですよ~。




関連記事

Comments

洋書の…なんでしょう、あの独特の感じ。
表紙の本のタイトルを読むとワクワクしてくるんですよね。その本を知ってる、知らない
買う、買わないは別にとして。
基本的に、あのアルファベットが並んでるを見るのが好きなのかもしれません。

私も実用書系好きです。
一冊読みきった時、ホントにうれしかった記憶があります。
現在地方に住んでいて洋書をセール価格で買う機会はないので、羨ましい限りです。

もちろん今はTOEICに専念しなければいけないので、買っても読めないですが…

そういえば、先日NHKのテキストについてとりあげられてましたね。
レベルテストの結果は140点でした。
アウトプットは一つレベルを下げると
タイムトライアル、ですね。
もう一度前に購入したのをやろうかなあ。
インプットは、lady greenさんが勧めてみえた「しごとの基礎英語」を始めることにしました!
もちろん、3月のTOEIC の結果次第ですが…


2015.03.23(Mon) 19:27       パリネコ さん   #FtJMunw.  URL       

No title

パリネコさん

ほんと、何でしょうね。あのワクワク感。異国の空気を感じるのかな?

3月TOEICお疲れ様でした。手応えどうでしたか?スコア上がっているといいですね!そして好きな洋書での学習また始められるといいですね。

しごとの基礎英語、お勧めです!ビジネスイングリッシュなので、TOEIC学習にもいいんじゃないでしょうか?気分転換にもなりますし、TOEICの結果に関わらず、やってみられたらいいんじゃないかなあと思いますよ!

2015.03.23(Mon) 20:07       ladygreen さん   #-  URL       

実は先日「しごとの基礎英語」を録画してみてちらっと見てみたのですが、ここ半年ほとんどTOEIC漬けだったからか、新鮮で。
大西先生のトークに思わず吹き出してしまったり、楽しかった〜
たまにEnglish Journalとかの雑誌は読んだりしてたのですが、やはり800点超えるまでは、他のことはやめようかな〜と思ってたので。

先日のTOEIC、どうかわかりません(涙)
試験まで、公式問題集とは違う模試を幾つか解いていて
そのナレーションのスピードが速いのですが、それにしてもリスニングスランプで
なかなかスコアが上がらず。
せっかく買った公式問題集Vol.6も、なんだかスコア直視したくなくて、結局手をつけてません(涙)
…とまあグチを言ってても仕方ないので
今晩も勉強頑張ります!


2015.03.25(Wed) 19:45       パリネコ さん   #FtJMunw.  URL       

No title

パリネコさん

たまに違う教材やると新鮮でいいですよね。学習行き詰まった時は、そういう気分転換が有効ですね。

800点の壁がなかなか打ち破れない方、私の生徒さんにもいらしゃいます。簡単ではないですが、超えれる時が必ず来ると思いますので、パリネコさんも諦めずに学習がんばって下さいね。ちなみにリスニングアップには多聴に加えて清聴も大事なので、音読繰り返しすることをお勧めします。もうされてるかもしれませんが。

私も900後半のスコアが出せるように頑張りますのでお互いがんばりましょー。

2015.03.25(Wed) 20:06       ladygreen さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?