Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

真の英語力とは?

知り合いから個人レッスンを頼まれて、
レッスンに使える場所をいろいろと探してみたりしてます。
ちまたで良く聞くカフェ英会話っていうのも、
一体どんなとこでやってるんやろうか~。
ネットで色々と検索していて、個人で英語塾されてたり
カフェ英会話されてたりする人もたくさんおり
ブログ書かれている人もおり。


そんな中、ご自身の紹介動画をYou Tubeでアップされている人もおり、
ちょっと見てみたのですが・・・。
ちょっとヤバかった
ええ?いいのん、それ?その発音でいいのん?その英語でいいのん?


そして、以前に会ったことのある男性のことを思い出した。
英語講師になりたいと言っていて、TOEIC700点台後半だった。
まわりの友人は英語が出来ない人が多いらしく
「それだけ英語できたら使わないのはもったいない!」と言われるらしく
私が英会話講師してると言うたら仕事のこといろいろと訊ねられた。
やんわりと厳しい世界だよと話したらちょっと凹んでいた(汗)


700点台後半でも発音が良かったり
すごく人当たりが良かったりすれば
子供英語や初心者向けクラスなら可能やとは思うけれど
やはり上には上がいるということを自覚して
常に真摯に学習に取り組む姿勢は必要ちゃうかなという気がする。


これまた別の人の話ですが、
アメリカの大学院を卒業していて
「自分は英語が出来る」言うてはったもんで
どんなぺらぺらなんやろう~と英語で普通に話しかけてみたら
しどろもどろで「あれ?」っていう感じの人もいた。


そういう人に出会うと本当に
英語が出来るって一体どんなレベルなんやろうかと思います。


逆に「自分はまだまだです」って言う人がすごい実力だったりするし。
レベル自己申告って本当に、様々だな・・・。
そして自分自身についても、ブログでいろいろ書いていますが、
で、一体ほんとのとこどんな英語話すん?ってなもんですね。
なんや、大したことないやん、っていう可能性もあるわけです。
TOEICスコアは詐称してませんが、TOEICで会話力は測れませんしね。
語彙力はありませんので、英検1級持ってはいますが
1級の単語はわかりません(汗)
なので、英検1級単語で話しかけられたら私には理解できません。


あまり大きなことを言うと自分の首を絞めることになるので、
やっぱり弱点は弱点として認めとかないといけないな。
そして、出来るだけ客観的に自分の英語力を見れるようにしときたい。


ネイティブ並みの英語力がありますと自己申告する人ほど当てにならない可能性もあるわけで。
やっぱり人間謙虚にいく方がいいよね~。
誇大広告で自分を大きく見せてみても結局はばれるわけだから。


人の振り見て我が振りなおせっていうことで、
自分の英語力を見直して謙虚に学習に励みたいと思います。
真の英語実力者になるために。


さて、現在の読書状況。


お風呂読書はロビン・カー。


Sunrise Point (A Virgin River Novel - Book 17)Sunrise Point (A Virgin River Novel - Book 17)
(2012/05/04)
Robyn Carr

商品詳細を見る



これはやはり読みやすいわ。軽く読める。
ストーリーもまあありがちと言えばありがちなストーリー。
でもお気軽度が高いのでこれはこれでいい。


で、マイケル・サンデルはちょっとお休みして
もう1冊の洋書にちょっと手を出してみた。
数ページだけですが、これもなかなか良さそうだわ。


Lean In: Women, Work, and the Will to LeadLean In: Women, Work, and the Will to Lead
(2013/03/12)
Sheryl Sandberg

商品詳細を見る



子育てしながら社会進出目指す女性は共感できる内容かもなぁと思う。
なかなかユーモアもあってさすが「切れる女性」という感じです。
しかし、そのユーモアを理解するためには英語力が必要だが。


やっぱり私はこういう実用書系の本が好きやな。
洋書買うならやっぱりこういうのがいいな。
なんか賢くなれるような気がするし。


ロビン・カーとかは「買わんでもいいかな」と思う。
ロマンスものとかサスペンス系とかも買わなくていいな、私は。
小説で買うならヒューマンドラマ系がいい。
これとかはすごく良かった。お勧め。


How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2008/09/02)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る



ここのブログ読んでくれてる方でもこの本読まれた方多いかと思います。
私はこれを抗がん剤治療中に読んでいたのでなお更思い入れがある。
そしてこの本を通して良い出会いもあった。
過去記事に書いてますが、オーディオブックを頂いたのだ~。


How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2007/09/20)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る



ご親切で、Shiraさんから譲っていただいた。
で、その時に「お礼はいつかお会いした時にスタバでコーヒーをごちそうして下されば」
と言っていたのだが、約1年後くらい(?)に本当に実現した。
めっちゃ感動やった。
4月の学習会にも都合が合えば是非来てほしかったんですが、
なにしろ現役の通訳さんで関東の方でご活躍してるのでお忙しい。
次回開催の時には(あるのか、次回?)来て欲しいなぁ。


4月の英語学習会も、きっとたくさんの良い出会いがあるのではないかとワクワクしています。
勢いで発足した感じですが、皆さんからメールで学習歴などお伺いしていると
本当に多種多様な方々がいらっしゃって、
きっとこういう機会がなければお会いできないような方ばっかりなんじゃないかと思います。


家でじっとしているよりも、行動してみることで新しい出会いがありご縁が出来るのだと思います。
行動してみないことには何も始まらない。
英会話上達法について書いた時に、コンフォートゾーンから出るということを言いましたが、
それは何も英語に限ったことではなく、人生全般について言えるのかも。
いつもの居心地の良い場所から出てみることで
新しい出会いがあったり学びがあったりするのだと思います。


参加予定の友人からも、「参加すると決まった途端、学習意欲が高まった」という意見もあり。
普段出会わない人たちと出会い、よい刺激にしていけたらなと思います。
みなさん謙虚に学んでいる方たちばかりなので、
「私、英語出来るんで」という方はいらっしゃらなそうです。
会話アクティビティーでは私が一応講師という立ち位置ですが、
ファシリテーターな感じで出来たらと思います。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?