Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

目標は紙に書く 

先日は久しぶりの病院検査でした。半年振りかな。
毎回検査の前って不安になったりするんですが、
今回は何だかんだと忙しくしていたため
不安になる時間があまりなかった
まあ、その方がいいのかもしれんなぁ。


で、結果の方は良好でした。
あ~良かった。
寿命がまた延びました~。


検査結果を聞きに行く時は、一応覚悟して聞きにいきます。
がが~ん、という結果が出る可能性もあるわけで。
万が一悪い結果が出ても、人生絶対あきらめないぞ!
負けずに乗り越えるぞ!みたいな心の覚悟をして診察室に入ります。
それで無事にOKだったら、「寿命がまた延びたな」って感じです。


しかし、以前に検査で異常なし言われたのに
手術で見つかったという経緯があるので
そこまで手放しでは喜べないんですが。
でも、とりあえずは無事ということなのでやっぱりほっとします。
そして改めて、生きてることに感謝。
人生の時間を大切にしていこう、という気持ちになります。


4年前に再発がわかった時、自分は長生きしないかもしれないと思いました。
ほんとに人生の先が見えなくて。
あと何年くらい自分は生きるのかな。
意外と長生きするかもしれんし、しないかもしれん。
先生には「後悔しないように好きなことしなさい」と言われた。
あれ以来、時々自分に問いかけています。
「好きなことって何だろう?」「今の生き方で後悔しないかな?」と。


で、抗がん剤治療中に人生の計画を立ててみました。
少なくともあと5年は死なないはずだと思い、
5年計画でプランを立てて紙に書き出してみました。
その時のノートは今も持っていて、時々読み返しています。


結婚・出産などは自分でどうしようも出来ない気がするので
英語・仕事についてのプランを立てています。
読み返してみると気付くのが、意外とちゃんと叶っていっているということ。
たとえば、私のノートにはこんな風に書いてあります。


Plan 1年目(ハーセプチン治療終わるまで)2012年
洋書多読→ これは私なりにはよく読んだ。今も洋書読みは続けてる。
英検1級取得→ 2012年11月11日。ちょうど手術の1年後の記念日が2次試験でした。そして合格。

Plan 2年目(ハーセプチン終了後)2013年
英文法やり直し。→ 文法書を読んで勉強してみた。
ビジネスライティングが出来るようになる。→ 2014年インターで日英翻訳クラス受講。

Plan 3年目 2014年
スクールの外でも英語の仕事をする。→ 2013年から法人派遣の仕事開始。大学公開講座も。
英語だけでなく日本語の表現力も身につける→ これもインターで英日翻訳クラス受講。
英文記事をもっとたくさん読む。 →スマホをようやくゲットして、通勤中に毎日読んでいる。

TOEICで990点というのもあるんですが、これはまだ達成してません。
まぁ、これはどっちでもいいかな、という気になっています。
書き出した目標も、見直していくと不要なものも出てくるからたまに見直しも必要やね。


そして、今、2015年。
人数限定ですが英語の個人レッスンをスタートすることに。
4月には大阪英語学習会を発足(予定)。
これがどう発展していくかはまだわかりませんが
あとは成り行きに任せようかな・・・。


4月の病院検査で引っかかったら、学習会できへんのんちゃうん?!
とちょっとドキドキしましたが、無事に命拾いしました。ほっ。
無事に寿命が延びたので、さらにあと5年くらいのプランを立ててもいいかな。
とすると・・・目指すは2020年東京オリンピックでしょうか。


病院帰りの本屋で目にした本。

通訳者・翻訳者になる本2016 (イカロス・ムック)通訳者・翻訳者になる本2016 (イカロス・ムック)
(2015/01/29)
不明

商品詳細を見る



オリンピックに向けて、色んな仕事が発生する。
通訳も翻訳もガイドも。
私は通訳、とはあまり考えていないので、やはり翻訳か。
ちなみに自分が立てた計画によると今年翻訳者としてデビューするらしい。
しかし、講師業の方が忙しいので、今年は無理ちゃうか・・・。
ちょっとずれこんで来年位のデビューを目指し、
東京オリンピックの頃には翻訳歴3年以上と職務経歴を書けるようになっていれば、
仕事の受注がもらえるかもしれない。


どうなることやわかりませんが、目標は紙に書いてみるといいですね。
そして時々定期的に読み返す。
読み返すたびに「私は○○するんだ」というインプットがなされる。
そして、気がつくとそういう方向に進むような行動を無意識でとっている。
流されずに自分の人生を創造していき、
チャンスがやってきた時に流れに乗る。


人生の時間は限られている。
死ぬときに後悔にないように人生を生きたい。



関連記事

Comment

Name - パリネコ  

Title - 

「明日がある」そう意識して思わなくても、自分の行動がそうなってる。
でも、「明日も今日と同じようにやってくる」かどうか誰にもわからない。
それをどれだけ心に留めて生きているか…
今回の記事を読ませて頂いて、
もう一度立ち止まって考える機会をもらいました。
子供の頃から、「目標立てて実現していく」ということが苦手で、三日坊主で、すぐに諦める性格で。
今までで、唯一誇れる事といえば、花屋で10年働き、資格も取ったことぐらいでしたが、
私は英語の勉強を通して、その時その時で「目標達成」という満足感を花屋の時以上に感じてます。
英語の勉強を通して、色んな事学べるなあ、やってて良かったなあ、と最近本当に実感してます。

私もノートに早速書き出してみます!









2015.04.10 Fri 10:55
Edit | Reply |  

Name - lady green  

Title - Re: タイトルなし

パリネコさん

私も実はこれまで計画を立てるのが結構苦手でした。
その時その時の思いつきで行動することが多かったり。
途中で諦めてしまった事もたくさんあります。

病気が再発した時に始めて、自分の人生の時間は限られているのかもしれないと思い、
真剣にこれからの生き方を考え直したんです。
今でもまだ揺れ動く気持ち、流されそうになる気持ちがありますが
あの頃の気持ちを思い出すと、「しゃきっとする」ような気持ちになります。

パリネコさん、花屋で10年間お勤めされ資格も取られたとのこと、素敵じゃないですか!
花屋で働いていた知り合いがいますが、なかなか大変な仕事でしょう?
それは自慢に思っていいんじゃないでしょうか。

おっしゃる通り、英語学習を通して得られるものって、
英語力だけじゃないんですよね。
色んな気付きがありますよね。
英語で世界が広がると同時に、自分の内面も磨かれる気がしますね。
時に自分の弱さと向き合ったり、がんばった自分を誇りに思えたり。
これからもそんな風に英語学習を通して色んなこと学んでいきたいですね。
お互いがんばりましょ~。

2015.04.10 Fri 16:19
Edit | Reply |  

Add your comment