Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

ビジネスに効く英単語 

今、こんな本で勉強しています。





2011年にNHKの「入門ビジネス英語」の講師をされていた関谷さん。
本もたくさん出されてますね。
こちらの本は「単語」にフォーカスした内容。
見出しに単語が紹介されていて、その後用法の説明、
サンプルダイアローグ、解説、というシンプルな内容。
しかし、非常にわかりやすくてなかなか良いです。


紹介されている単語は101語とちょっと少なめかもしれませんが
その分ひとつひとつの単語の用法理解が深められる気がします。
通常の単語本だと「英単語→日本語の意味」だけだったり
例文があっても一つ位のことが多い。
TOEIC対策や試験対策として知っている単語を増やすには良いのですが
それだけだといまいち使い勝手がわかりにくいのです。
表面的には理解している。
文書の中で出てきたら意味はわかる。
でも、実際に使えるかというと使い方があまり良くわかっていない。
そういう単語、すごく多いという気がします。


わかるけど、使えない。
使っているけど、使い方が微妙に間違ってる。

そういう単語が日本人には多いと思います。


インターで翻訳クラス受講していた時にも
「英英辞書を必ずひく」「用法を確認する」ということを
先生は毎回のように授業でおっしゃっていました。
日本語を介して覚えた単語って、
実際の英語のニュアンスと微妙に違っていたりするので。


ということで、こちらの本、
「ビジネスで使える単語を増やしたい」という方にお勧めです。
delegateとかclarifyとかTOEICでもよく出ますが
理解できるだけじゃなくて自分でも使えるようになれば
表現の幅がぐっと広がりそうですね。


shareとかoutcomeとかexpressとか、
よく知っている簡単な単語もたくさん出てきますが
改めて使い方を確認してみると勉強になることもありますね。


知ってる単語の数を増やす事も大切ですが、
ひとつの単語への理解を深めることも大事ですから!


あ、でも日常的に使う単語とはちょっと違うので
日常会話をやりたい人にはあまりお勧めしません。
ビジネスシーンのちょっと堅めの言い回しを勉強したい人にお勧めです。




関連記事

Comment

Add your comment