Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

ギフト 

去年のことだったか、翻訳の仕事を始めたいなぁと思いながら
翻訳者さんとしてお仕事をされているいろんな方のブログを読んでいて
ふと目に留まったのがaoさんのブログでした。
彼女は誰よりも楽しんで翻訳の仕事をされているような気がして
「いいなぁ、私もこんな風に楽しげに翻訳できたら」と思い
お気に入り登録して時々お邪魔しにいくように。


それからしばらくしてのこと、aoさんのお母さんの肺がんが判明。
ブログにも公表されて、お母さんの治療の様子も綴られていかれました。
私は自分もガンの経験があるもので、ついコメントしたくなってしまって・・・。


それ以来たまにお邪魔してはちょこっとコメントを残してみたりしてました。
ブログを読んでいるだけでも、仲の良い母娘の様子が伝わってきて
明るく前向きに治療に取り組まれているお母さんを陰ながら応援していました。
お母さんの抗がん剤治療が無事に終わられて
ブログの記事もお仕事のこととかペットのひまわり君のこととかが中心に。
でもふと時々「お母さん元気にしてはるかな」と気になって
「お母様はお元気ですか?」とコメント入れてみたら
「元気です。母がLadyGreenさんのコメント読んで喜んでました!」と。


一度もお会いしたことのないお母さんなのに
なんだか本当に知っている人のような気がして。
同じキャンサーサバイバーとして、親近感みたいなものがあるのかな。


そのお母さんが、先日の記事で、肺がん再発が見つかったとのこと。


でも、覚悟があったのでしょうか、しっかりと事実を受け止め、
前向きに治療に取り組まれようとされているそうです。


そんなお母さんに、どうしても応援メッセージが書きたくて、
aoさんとお母さんの了解を得て、今日のこの記事を書いています。


ガンの宣告を受けるとショックですよね。
再発したら、これまたショックです。


私もブログで、自分の病気のこと公表しています。
再発してからのことは、治療日記にも書いています。
私がガンになっても頑張って明るく前向きに生きていることで
誰かの励みになるかもしれない。
ブログに書くことで、同じ病気と闘っている人のお役に立てるかもしれない。
そう思って書いてきました。
そして、実際に、あの治療日記を読んで励まされたと言ってくれた人がいます。


たぶん、お母さんも、そんな風に「自分の姿が誰かの励みになれば」と思って
これからの再発治療に向かっていこうとされているんじゃないかなと思います。
だからaoさんにも「ブログに書いてね」と言われるんでしょう。


治療が辛くないはずはありません。辛い時もたくさんあります。
それでも、いやそれだからこそ、
私は好きな洋書を読んだり、
はげ隠しにかわいいニットキャップを買って喜んだり
ちょっとした楽しみを見つけていくようにしていました。


きっとお母さんも、そんな風に楽しみを見つけていくのが得意な人だという気がします。


再発治療はおっきなチャレンジだと思います。
でも、チャレンジはギフトにもなりますよね。
それを越えることで、もしくは越えるプロセスの中で
たくさんの気付きがあったり感動があったりもします。


心が折れそうになることがあるかもしれません。
しょんぼりすることもあるかもしれません。
いつも明るく前向きであることは難しいです。
だから、たまには明るくいられないこともあっていいと思います。
そんな時は、aoさんに甘えちゃって下さいね。
そして、しばらくしたら、また明るく前向きなお母さんに戻って下さい。


これから新しいチャレンジがスタートです。
でも、そのチャレンジをギフトに変えることができる力を
お母さんはお持ちなんじゃないかという気が私にはします。
素敵なギフトをたくさん手にして下さい。


私もここからエールを送っています。



関連記事

Comment

Add your comment