Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

TOEICアビメ

  21, 2015 14:40
昨日は久しぶりにスクールにて6時間のレッスンでした。
やっぱり6時間やるとしんどいなぁ。
最後のレッスンはちょっと倒れそう。
エネルギーが足りないわ・・・。
若かった時は毎日のように5時間、6時間教えてた時がありました。
ようやってたな・・・と思います。
やっぱり体力ってなくなってきますよね。


ということで、今日は部屋でぐったりしてます。
ゆっくり休んでエネルギー補給だ!


さて、先週に結果が出たTOEICですが、アビメが届きました。
どこで間違えたのかなぁとちょっと確認。


リスニングに関してはやはりパート3・4で落としているようです。
パート1・2は満点となってました。
やっぱり今後の課題はここですね。
さて、どう取り組んでいくかな。
まぁ、満点はもういいか?とも思っているので
別に取り組む必要もないとも言えるんですけど(笑)
ただ、リスニングそのものの持久力がなくなってきている気がするので
TOEIC対策、というよりも、もうちょっと英語リスニングしようかなとは思います。


リーディングの方ですが、今回490点と高得点を出す事が出来ましたが
この残る5点をどこで落としてるのかなぁとチェック。
落としたのは文法問題でした。
確か他の受験者の方も言ってはったかなと思いますが
今回パート5でちょっと悩む問題がありました。
たぶん、そこのところで落としてるんでしょうね。
たぶん、2.3問くらい間違ってるのかな?
長文問題では満点を取れているので、これはかなり嬉しい結果です。
今後も読解は満点取れるようでありたいなぁ。


次いつ受けるかは、不明です。
早くても秋頃でしょうか。


さて、英語読書の方ですが、あまり変わり映えしてません。
相変わらずこちらを読んでます。





今で半分ちょっと位かな?
基本お風呂読書なのでなかなか進まないですね。
暑くなってくるとバスタイムも短くなるため読書時間も短くなります。
もうちょっと部屋読書を増やすかな。
そうするとこちらの本が復活ですね。





そういえば著者のシェリルさん、ご主人が急死なさったとか。
大切な人を亡くすのは辛いですね。


人生っていつ終わりが訪れるかわからない。
大切な人との別れもいつ訪れるかわからない。
突然その時がやってきた時に「もっとああしてれば・・・」と悔やまないように
大切に時間を過ごしたいですね。


そんな風に考えながら、ふとレオ・バスカリアさんの本にあったエピソードを思い出しました。
彼は大学で彼の講義を受ける学生たちにこんな問いかけをしたという。
「もしあと5日しか生きられないとしたら、あなたはその5日間をどのように過ごしますか。
誰と過ごしますか。」


ちょっと皆さんも、考えてみて下さい。


学生たちはそれぞれに自分の思いを書いてくれたそう。
そしてこれに対してバスカリア教授はこんな風に返事を書いたのだとか。


なぜ、今それをしないのですか?


私も時々自分に問いかけます。
5日間というのは極端だとしても、
もしあと3年しか生きれないとしたら、何をするだろう?
そう問いかけてみて自分の心が出す答えは
自分が本当に望む答えなんだと思います。


方向性に迷った時、私はそんな問いかけをします。
病気をして以来、特にこの問いかけが現実味を持って感じられます。
やりたいことを先送りせずに、今ちゃんと行動していこう。
伝えたい言葉は、今ちゃんと伝えておこう。










関連記事
  •   21, 2015 14:40
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment