Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

英検1級問題を翻訳してみた

  12, 2015 16:47
Excelで作り始めた単語帳ですが、とりあえず英検1級問題から
自分の知らない単語を入力していってます。
こないだから作り始めたところなので、単語数はさほどありませんが・・・。
こないだ6月に実施された英検の問題を自分で解いてみて
知らなかった単語を覚えていこうかなぁと。

ちなみに問題解いてみた結果はやっぱり単語が相変わらずわからない。
25問中17問の正解。
でも、まだこれはましな方かな。
ひどい時は半分も出来ないから(笑)


読解では穴埋め問題は無事に全問正解。
長文は最後の問題で二つ落としました。
最後の長文は難しかったなぁ。全問正解ならずで残念。


とりあえず、単語問題でわからんかった単語と
最後の長文でわからんかった単語をExcelに入れてみる。
でも、それだけだと単語リストがなんだか寂しいので
もうちょっと増やしてみようと穴埋め問題の一つ目の長文からも
新しい単語がないものかと探してみました。
で、ついでなのでちょっと翻訳もしたろ、とやってみました。
Risk Compensationというタイトルの文章。
辞書も引きながら訳していくのですが、単語の難易度という点では
語彙問題に比べると長文問題ではそこまで難しい単語は出てこないという気がします。
やっぱり語彙問題は「語彙力を試すために難しい単語を並べてくる」。
一方で長文問題は「語彙力も必要だが、文脈を読み取ったりすることも含めた総合的な読解力」を問うてくる。
なので、そんなに難解な単語ばかりではないし、逆に単語だけ知っていても読み取れない時は読み取れない。


たぶん、この辺りが、私が語彙力ほんとにさっぱりなのに
なぜか読解問題は結構出来てしまう所以なのではないかと思います。
語彙力と読解力は必ずしもイコールではないという気がします。


ちなみに長文タイトルのRisk Compensation「危機補償?何のこっちゃ?」と思いましたが
読み進めていくと、このCompensationは補償という意味ではないことがわかってきます。
compensateは「補償する」ですが「埋め合わせる、相殺する」ということです。
長文のテーマは「交通事故を減らすための措置」。
規制を厳しくするのではなく、交通標識などを取り払うことでドライバーの危機意識がかえって高まるのだと。
逆に、例えばエアバッグを搭載した車を運転している人は、危機意識が低下して乱暴な運転になりがちだと。
危機認知に対する意識レベルが、安全策のあるなしで変化することを指してcompensateと言っているよう。
この単語をただ「補償」という日本語の対訳だけで理解していると、文章の意味がわかりにくいかもしれませんね。
翻訳クラスの先生が口をすっぱくして「英英辞典を引いて下さい!」と言っていたのはこういうことですね。


久しぶりに翻訳してみて、「やっぱり翻訳すると勉強になるなぁ」と改めて思いました。
何となく理解するだけでは翻訳は出来ません。
翻訳することで「きちんと理解しよう」という読み方になりますね。
それプラスやはり日本語の表現の勉強にもなります。
知っている単語だけどどう日本語に置き換えられるかな、どうすれば自然な日本語になるかな、と考えますね。


インターのクラス受講していた時のことをなんだか懐かしく思い出しました。
毎回課題けっこう苦しかったけど、すごく勉強になったよなぁ。


実はインターのサマーコースのお知らせが来ていて、受講しようかなぁと考えていたのですが、
英検問題を翻訳してみて考え直しているところです。
日程などの都合もあり、短期コース受けるとしたら「会議通訳トレーニング」になるんですよね。
「英語力磨くためにも一度通訳トレーニングしてみるのもいいかもしれない」とも思うんですが
でもやっぱり私は通訳になりたいわけじゃないよなぁ、と。
受けてみて損することはないでしょうが、やっぱり翻訳やりたいんなら
もっと翻訳する機会を作らなあかんよな。
英文を読むということならスマホでTimeとかNewsweekとか読んでるけど
ただ読み流すだけになってしまってます。
ちゃんと翻訳するということもしとかないとダメですね。
そして、ある程度難易度の高い文章を読んでおかないと。
自分に負荷をかける、ということがやはり大切な気がします。


インターで翻訳クラス受講していた時も、「難し!!!」と思いながら課題に取り組み
そのおかげか読解力も上がった気がします。
授業終了時の講評では「難しい文書がよく出来ていた」と書いていただけました。
きっと難しい文書を読むときはそのぶんだけ自分の集中力も上がり思った以上の力を発揮できるのかも。


今後の自分の学習方法を考え直し中です。
Economistの購読でもしてみるかなぁ・・・。






関連記事
  •   12, 2015 16:47
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment