Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

翻訳ぐせをなくしていく 

日本人の生徒様をたくさん指導してきて常々感じることなのですが
やはり多くの方が日本語で考えたことを英語に訳しながら話をされる
そういう翻訳ぐせがついている方が多くいらっしゃいます。
会話の流暢さを上げていくにはこの翻訳ぐせを少しずつなくしていくことが大切。


とは言え、英語で考えて英語で話すということはそんなすぐに出来るものではありません。
初級・中級レベルの方にはあまりにハードルが高い。
では、どうしたらいいのか?


今日はそのコツをちょっと伝授してみようと思います。


会話の流暢さを上げるためにはとにかく柔軟さを身につけることが大切。
そして、この柔軟さというのが、けっこう日本人には苦手な方が多いです。
真面目な人が多いんでしょうね。


たとえば、英会話のレッスンをしていて生徒様から
「○○は英語でなんて言うんですか?」とよく聞かれます。
で、知っている単語の時には「それは英語ではこう言うんですよ」とお伝えしたりします。
(私も知らん、ということもあります。 先生と言えども全能ではありません 笑)
そうして生徒様は新しい単語を勉強することになるんですが
しかしこのやり取りには問題点もあります。


ひとつには、○○という概念と全く同じ概念が必ずしも英語にあるとは限らないということ。
その場合はそれに一番近い英語表現をお伝えするということになります。
ただ、どちらにしろ「これは何と言うんですか?」と聞かれて「こう言うんですよ」
と先生が生徒に教えてあげるということを常にすることに疑問も感じるのです。
だってそれでは自分の力で表現できるようにならないじゃないですか。


実際に外国人と話をする時にはこういうやり取りは出来ないわけですし
辞書を引きながら会話するというわけにもいかない。


ということで、私はレッスンの中でこんなやり取りをしたりします。


「先生、通勤するって英語で何て言うんですか?」
「通勤するって、要するにどういうこと?」
「会社に行くことです」
「じゃあ、それをそのまま英語にしたらどう?」
「あ、go to the officeでいいの?」


いいんです、go to the officeで。
commuteという単語がありますが、これで十分通じます。


こんな例もありました。
「小学生の頃、ピアノを習ってた」と言いたい。
でも、「小学校って英語で何だっけ?」とそこで立ち止まってしまって会話が停止。
これもちょっと視点を変えて柔軟に表現してみましょう。
When I was a child「子供の頃」、これで十分です。


こういうフレキシブルさが、会話力アップには欠かせないと思います。
表現にこだわりすぎて、会話が途切れるということが多いので
ひとつのことを伝えるのに色んな言い方があるということを心に留めて
いかに知っている単語で表現していくかということを意識していかれると良いと思います。


もちろん、知っている単語を増やしていくということは大切です。
それがインプット学習です。
でも、アウトプット学習においてはいかに自分の持ちネタで会話を展開していくかが大切。


ということで、今日は翻訳ぐせをなくすという話でした。
先日のオンラインレッスンでこの話が出て
「そのうちブログにも書きますね」と言ったのでさっそく書いてみた次第。
お役に立ったかな?


オンラインレッスンではこんな感じで、会話レッスンをしながら
所々でちょっとしたコツを伝授していっています。
英語を教えるだけではなく、学習の仕方や会話力の伸ばし方をお伝えしていけたらと思っています。
指導させていただける生徒様の数はごく少数になりますが
だからこそお一人お一人大切に指導させていただければと思います。


レッスンご希望の方にはまず25分1000円の体験レッスンをご受講いただいています。
平日の夕方は企業レッスンなどで時間が埋まってしまうことが多いので
平日のお昼間で受講できる方は比較的時間が取りやすいです。
それか日曜日ですが、日曜レッスンはすでにご受講の方がいらっしゃるので
あんまり積極的にはお受けできません。


9月以降、もう少しクラス数を増やせるかなとも思っていますので
ご興味ある方いらっしゃればブログ左側のメールフォームよりお問い合わせ下さい。


では、またブログでもちょっとしたTipsコツを書いていければと思いますので
よかったらご参考にして下さいね。


ちなみに今日お話したフレキシブルさを身につけるということについては
こんな本もありますので、こちらもよろしければご参考にしてみて下さい。
私が書いた本ではありませんが(笑)



関連記事

Comment

Name - パリねこ  

Title - No title

記事のアップ楽しみにしてました!

先日先生に「そこで会話が止まってしまうから」と言われ
「はっ」としました。
会話中に、その時に自分の頭に浮かんだ考え、単語で伝えたいという思いが、かえって自分にプレッシャーを与えて
それだけじゃなくて相手を待たせている(汗)
違う表現で伝えてみる、というのをくせづけることが大事ですね。
今までそういう事をしてこなかったからなあ。

すぐにはフレキシブルになれないかもしれないけれど
違う表現を考えるということが、楽しくなってきました。
それと、シンプルな表現であやふやな所を言えるようにしていきたいです。
たまに現在形、進行形すらちゃんと使えてないので・・・


2015.07.31 Fri 09:15
Edit | Reply |  

Name - lady green  

Title - Re: No title

パリねこ さん

はい、さっそく記事にしてみました(笑)

そんなにすぐにフレキシブルにはなれないですが
意識していくとちょっとずつ身についていくと思いますよ。
まずは「意識する」ことが大切なので、最初の関門は突破です。
徐々にならしていきましょう!

また思いついたネタ記事にしていきますね~^^
2015.07.31 Fri 14:42
Edit | Reply |  

Add your comment