Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

インターのセミナーに行ってきました

急に予定が空いてしまい、思い立ってインタースクールの無料セミナーに参加してみることに。
そしてついでにレベルチェックテストも受けてみました。


私が通学していたのは1年半ぐらい前なので
すでにレベル保持期限は過ぎています。
授業からもすっかり離れてしまっているし
もしかしてレベルが落ちている可能性も・・・。
まぁ授業がないとは言っても仕事では英語使っているし
ゆるい感じではありますが勉強もしてはいるので
そこまで落ちはしないだろう、と思いつつ。
前回レベルチェック受験時に読解問題の手順がわかってなくて
D判定というちょっと悔しい結果だったので
もしかしてリベンジなるか?という気持ちもあったのですが(笑)


で、今回はテストの勝手もだいたいわかっているので
比較的スムーズに出来ました♪
読解問題もどんどん次のページに進むべし!
という気持ちで読んでいったところほぼ最後まで読めました。
前回はここで失敗して半分位読めずに終わってしまった(涙)


「15分位待っていただいたら結果がわかりますが」と言われたので待ってみることに。
ロビーで通訳翻訳雑誌をぺらぺらめくりながら待つ事約15分。
スタッフの方が「お待たせしました」と戻ってこられる。
「よくお出来になっていましたよ。前回受講時はどちらのクラスを?」
「翻訳本科1でした。」
「やっぱりそうですか。」
詳しい成績はまた後日郵送しますとのことでしたがとりあえず
「本科から入っていただけると思います」とのこと。
翻訳テストを受ければ正式にクラスがわかるとのことなので
時間もあったしついでに受ける事に。


って言うか、再入学するのかい私?って感じでしたが(笑)
そんなつもりは特になく、軽い気持ちで行ったんですけど・・・。
今のレベルを再確認という気持ちで。


で、まぁとにかく翻訳テストを受けてみることに。
さすがにこちらは15分では結果がわからず(当たり前!)とりあえずいったん家に帰る。


久しぶりにインターに行くと、当時の事を色々と思い出しなんだか懐かしかった。
あぁ、この道クラスメイトとおしゃべりしながら帰ったなぁとか、
英日の授業めっちゃ楽しかったよなぁとか、
毎週がんばって課題に取り組んでたよなぁとか。
大変ではありましたが通学中の6ヶ月はすごく勉強してたなと思います。
学ぶ事は多かったし、力もついたと思う。
本当はもう少し通いたいなぁと思いつつ
仕事のスケジュールや予算的なこともあり離れてたんですが・・・。


さて、家に帰って夕方くらいにスクールから電話がかかってきました。
翻訳テストの結果がわかったとのこと。
「翻訳本科1に入っていただけます」とのこと。
やっぱりさすがに本科2からは難しいよなぁと心の中で思っていたら
「でも、日英がよく出来てらっしゃるので、1に入ってみて先生から許可が出れば
コース途中で2に進級することも可能です」とのことでした。


そんなら、猛勉強して絶対に進級させてもらおう!って感じですね。


詳しい結果は郵送しますとのことなので、
結果が届いたら前回受験時の結果と比べてみよう♪


しかし、再通学どうしたもんかな・・・。
ブランク結構あるし、もう一度クラスやり直しだったら凹むけど
途中進級の可能性がある。
だったらまた頑張ってみるのもアリかと思います。


前回通ってた時にも思ったんですが
正直ずっーっと通い続けるのは予算的にも体力的にもしんどい。
元々が割とストイックに頑張るタイプなので
それを長期的に続けるのは無理があるのです(涙)
体力があれば(経済力も)それも可能なんでしょうが・・・。
なので、頑張る時は頑張って、ゆっくりする時はゆっくりして、
というある程度マイペースな形で続けていきたい。
仕事もそれと同じ。
なので、常に忙しく仕事しているよりも
忙しい時は忙しいけど、疲れたらちょっとペース落として、
という感じで調整していけるワークスタイルが合っている気がする。
そういう意味で今のフリーな感じが自分には結構合っているのではと思います。


ず~っと忙しくしているとしんどいのですが、
ず~っとゆるくやってると、どこかでキュッと締めたくなるのも事実。


英語を仕事にしていくというのは自分の中で決意しているので
たまに学校に通って勉強しなおすということは必要かなという気がします。
英会話スクールでの仕事を辞めたこともあり
土曜日のクラスに通うことが出来る。
タイミング的にはいいと言える。


また通ってみるのもアリかな~と心が傾いています。


関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?