Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

く、苦しい・・・

翻訳クラスがスタートし、毎週の課題に追われています。
A4用紙1枚程度のものなのに、めっちゃ時間がかかる・・・。


英日翻訳に関しては、まず英文を何度も繰り返し読んで
内容理解に努め、それから調べ物をし、そしてようやく翻訳に取り掛かるのですが
この翻訳作業の苦しいこと・・・。
日本語にならない。
日本語が書けない。
自分の日本語が正しいのかどうか自信がない。


英語学習者として日々自分の英語力向上に努めておりますが
母国語である日本語も実は大して出来てないんですよね・・・。
ボキャブラリーが貧困だなぁと思います。
英語の方がちゃんと文法学習しているから
なんなら日本語の文法よりも英文法の方がわかっているのでは
と思わなくもないですね。


だからなのか、何なのかわかりませんが、
日英翻訳の方が楽しく出来ます。
英語を書く時の方が自由に書ける気がする。
英訳の方が大胆に出来てしまう。
日本語訳の方が繊細で神経を使う気がする。
これはそれぞれの言語が持つ特性というのもあるかもしれません。


苦しい、苦しい、と思いながら翻訳してますが
楽しいと思う時もあります。


例えば、調べ物をしていて「ほぉ~」とか「へぇ」とか思うことに出くわした時。
調べ物っていうのもある意味面倒くさい作業なんですが
わからないことを追求して調べていくというのが嫌いではないようで
意外と楽しく調べ物をしている自分に気付いたりします。


文書を読んでいても、最初はぴんとこなかったものが
段々わかってくると楽しくなってくる。
そして、仕上がった翻訳を見直して修正を入れていくプロセスも割りと好き。
誰に向けて書かれている文書なのかなぁと考えて
文体や口調を変えてみたり、リズムを考えてみたり。
そういう作業も好き。


もし、翻訳という作業が、単に言葉を置き換えていくだけの単調な作業であったら
たぶん私はそこに魅力を感じないと思います。
でも、翻訳する過程で様々なプロセスがあって
その中でいろいろと工夫したり考えたりするクリエイティブな部分もあるので
そこに翻訳の楽しさがあるのかなと思ったりします。


でも、苦しいんですけどね(笑)
それに、もうちょっと速く出来たらいいんですが。


そうやって苦しみながら翻訳をして、
企業での英語レッスンが何だか良い息抜きみたいになってたりします。
そんなこと言ったら担当者さんに怒られそうですが(笑)


生徒さんたちに英語を教えることと
パソコンに向かって翻訳作業することとが
良いバランスになっているのかもしれませんね。


翻訳の方ももっと実力ついてきたら
もっと楽に楽しくできるようになるんでしょうかねぇ。


がんばります。




関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?