Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

勉強の仕方がわからない

英会話スクールで長~い間講師として勤め
企業や大学やオンラインでも指導してきて感じることの一つですが
レッスンに来られる生徒様の多くが
「学習の方法に迷っている」ということ。


英語が出来るようになりたい。
英語が話せるようになりたい。
でも、どうやって勉強したらいいのかわからない。
勉強してはいても、自分のやり方が合ってるのかどうかわからない。


本屋さんに行けば「英語学習のための教材」は山ほどあります。
英会話スクールもオンライン・スクールを含めて星の数ほどあります。
たくさんありすぎて、何を選べばいいのかわからない。


学習方法に関する情報は本当にあふれているので
情報がありすぎてかえってわからなくなることも。
人によって言う事も違ったりするもんだから
かって混乱することもありますよね。


スクールによって特色も違うし、
同じスクール内でも先生によって違う。
私がスクールで教えてた時でも
私みたいな国産の日本人講師(少数派ですが)と帰国子女講師とでは
学習のアドバイスの仕方も若干違っていました。
当然ネイティブ講師が言う事もまた違う。


どれが正しくてどれが間違っているというようには言えません。
ただ、相性というのはあるのかなと思います。
それから、やっぱりバランスというのは大事ですね。
どんなメソッドにも長所と短所の両方があると思うので
いいとこは取っていって、足りないところは補っていってとしなきゃいけない。


しかし、何が良くて何が悪いのか、どこをどう補っていけばいいのか
英語初心者にはわからない。
で、「どうやって勉強していいのかわからない」
「このやり方で合ってるのかどうかがわからない」
ということになるんですんが・・・。


結局は、先生について指導していってもらうのがいいのかなと思います。
自分に合う先生を見つけるのが大切ですね。
そして、最初のうちは特に、あんまり色んな先生で指導してもらうより
一人の先生につくのがいいと思います。
それで、自分の弱点を見てもらう。


一般的なアドバイスと、その人だけに向けたアドバイスというのはやっぱり違う。
本やインターネットの情報で「○○がいい」と書いてあっても
あくまでそれは万人向けに書いている情報。
自分に合うとは限りません。


学習方法に関して、「○○でなければ」とあまり堅くなりすぎずに
ちょっと柔軟性を持って取り組むのがいいかとも思います。
多くの日本人は真面目なので、縛られすぎて出来なくなってることもあります。
場合によっては自分が信じてきたことと反対のことをすることで
道が開けてくることもあったりします。


私も生徒さんにアドバイスする時
あえて相手の意表をつくアドバイスをしてみたりします。
で、結構それが効果的だったりして(笑)


英語学習に正解はひとつではない。
でも、あえて言うならバランスが大事と私は思っています。
なので、自分がずーっとやって来たやり方で行き詰ってきたら
それとは真逆のやり方を採用してみるというのもいい。
それでバランスが修正できたりする。


なんか抽象的でわかりにくいですかね?


とりあえず、「○○でなきゃダメ!」と思ってることがあったら
それをちょっと取っ払ってみるといい。
気が楽になってbreakthroughできるかも。


ちなみに、日本人に多い「○○でなきゃダメ!」というのは
「間違えちゃダメ!」というやつでしょうか。
いいんです。間違えても。どんどん間違えてください。
その方が上達しますから。


でも、逆に、いつも「間違えてOK」といい加減にしてる人は
たまには「間違えないように」気をつけてみる。
それでバランスが取れるから。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?