Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

置かれた場所で 

スクールでの指導を辞めて3ヶ月程になります。
スクールではTOEIC対策コースや、日常会話、ビジネス会話などを教えていました。
レベルも初級から中・上級までかなり幅広いクラスを担当。
スクール・レッスンなくなって、当初は「英語を使う場が少なくなるんじゃ?」と心配してたのですが
思ったほど変わっていないという気もします。


企業でのレッスンがあったり、オンラインでのレッスンがあったりしてるので
思った以上に英語を話していますね。
多少減っているかもしれませんが、それでも「だからスピーキング力が落ちる」という程ではなさそう。


一方で英語を勉強する時間そのものは増えているように思います。
これは、翻訳クラス受講しているのが大きく影響していますが。


翻訳クラスではかなり難しい文書の和訳、英訳をするので
課題に取り組むことで自分の英語力が高められていくという気がします。
なかなかこういう勉強をこれまで出来なかったのですごく良い機会と思います。


ただ、翻訳ばかりやっていると瞬発力は高まらない。
やはり「スピーキングする場」が必要です。
英会話のレッスンだったり、外国人の友人とのおしゃべりだったり
何だかんだ言って英語しゃべってます。


思った以上にバランス良く英語使ってるという気がします。


ただ、リスニングはもうちょっとした方がいいかなぁ。
ということで、今、このブログ記事をYou Tubeの英語動画聞きながら書いてます。


さて、英語読書の方はカポーティ、ようやく半分来たところです。
ちびちび読むのでほんとに時間かかるわ(笑)
Bookclubまでに読めないかもしれない(汗)




とりあえず、頑張って何とか最後まで読めたらと思いますが
たぶん深くは読めないと思うので
後でもう一度読み直すことになるのではと思います。
せっかくの名作ですから、さらっと流すように読んで終わりにするのはもったいない。
ちゃんと読んで内容を噛み締めたいところ。
でも、やっぱりこういう本はちびちび読むもんじゃないなぁと思います。
お風呂読書向きじゃないですね。
ある程度一気に読んだ方がいいんじゃないか。
その方が集中して内容が頭に入ってくる気がします。


この本に限らず小説読むときはある程度がっと集中して読んだほうが
作品の世界に入り込めていいですね。
たまにお風呂読書で世界に入り込みすぎてのぼせそうになるんですけど(笑)


ちなみに今、犯人の少年の生い立ちを追っているところ。
彼が育った家庭、そして殺害された家族の家庭は非常に対照的。
こういうのを見ると、なんだか色々なことを考えさせられます。
裕福で暖かな家庭に生まれる人もいれば、
アルコール中毒の親のもとに生まれる人もいる。
それによって人生は決まってしまうのかな?


生まれた時点で既に多くを手にしている人もいれば
他の人が普通に手にしている物を、ゼロから自分で掴んでいかなければいけない人もいる。


それは、すごく不公平とも言える。


それでも、やはり、こういう生い立ちであったから
人を殺めても仕方ないなどと言うことはない。


人はみんな幸せになる権利があるし、そうなれるはずとも思う。
幸せの形は人それぞれ。
自分なりの環境の中で幸せをつかんでいくしかない。


そういえば、こんな本、ありましたね。今年だったっけ?ベストセラーになったの。



かなり壮絶な人生を生きられた方。
それに比べりゃ私の人生なんて穏やかなもんか。
それでも、割と波乱万丈な方なんですが。
私も、置かれた場所で咲こうと奮闘中。


幸せって環境じゃなくて心が決めるもの。
幸せ感じられる心を育てるのが一番大切って気がするな。
宇野千代さんとか大好きなんですが
彼女も波乱万丈人生、でもすごく心の豊かな方。




英語学習も、それぞれの環境の中で出来ることして
学ぶプロセスを楽しんで、豊かな人生クリエイトしていきましょう!



関連記事

Comment

Add your comment