Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

私を離さないで 

2015年のMy most favoriteとしてエリザベス・ギルバートさんのEat Pray Loveを上げましたが
実は今これのオーディオCD版を聞いています。
これが中々良いです!




You Tubeで彼女のインタビューを見た時も、
彼女のソフトな語り口調が素敵だなぁと思ったのですが
このAoudio CDも彼女自身のナレーション。
聞いていて非常に心地いいです。
もしかして、これは紙読書よりも良いかもしれません。


一度読んだ本なので、「こんなシーンあったあった」と思い出しながら聞いています。
それがまた結構楽しかったりします。


一度読んだ本をもう一度読み返すということをあまりしないのですが(よっぽどのお気に入り以外は)
こういう風にちょっと形を変えてインプットし直すのはなかなか楽しいですね。
一度読んだだけだと「わかった気になっているだけ」のことも多いので
本当はこうやってリピートした方がいいんですよね。
その方が内容が深まりますね。


この作品、映画にもなっていますから、
映画を見たらまた改めて違う感覚があって楽しめるんだろうな。


一度本読んでおしまい、というのでなく、こんな風に繰り返し触れてみて
じっくり楽しんでみるのもいいもんだなぁと実感中。
映画だって好きな映画は何度見ても楽しいですもんね。


これと同じく、形を変えて体験して面白いなぁと思っているのが
Kazuo IshiguroのNever Let Me Go『私を離さないで』
いま、テレビドラマになってるんですよね。
どんなふうに描かれるのかなぁと気になって初回放送見てみました。




舞台を日本に移していますが、作品の雰囲気は上手く伝わってるんじゃないかという印象。
若干エピソードなど原作と違っている部分もありますが
やっぱり見ながら「そうそう、こんなシーンあった」と思い出します。
こんな風にドラマ見るの初めてかも?
というか、そもそもドラマあんまり見ないんですけどね。
面白いので、続けて見てみようかなぁと思っています。


原作読んだのは確か2014年かな?
私はあのNever Let Me Goの世界がけっこう好きで、お気に入りの1冊。
たぶん、2014年の一押しだったと思います。
好き嫌いあるでしょうが、ちょっと独特な、繊細で切ない感じの空気感。
村上春樹なんかにも通じるものを感じます。
春樹作品、最近の物は読んでないのでわかりませんが
『ノルウェイの森』辺りの作品が好きな人はきっとKazuo Ishiguro好きなんじゃないでしょうか。


先日、本屋さんに行ったら、案の定『私を離さないで』が
ドラマ化決定!ということで一杯平積みされていました。
こういうのきっかけで手に取ってくれる人が増えたら嬉しいな。
そうでなければ、そんなに売れる本ではないと思うし(笑)




ネットの普及で本を読む人が減っていると言われて久しいですが
ドラマであれ映画であれオーディオ・ブックであれ
何らかの形で文学に触れるっていうのは良いことじゃないかなぁと思います。
文学とか芸術とか、やっぱり心に潤い与えてくれるものだし
良いものは広がった方がいいですもんね。


私の今年の洋書生活も、紙の本にこだわらず楽しんでいけたら良いかな。
そして、新しい物を次々に取り入れていくのではなく、
気に入ったものに関してはもうちょっとじっくり堪能して
去年・一昨年に読んだ作品を読み返してみたり、オーディオ・ブックで楽しんでみたりしてみようかしら。


サクッと読んで終わりだとちょっと勿体無い。
英語学習という観点から見ても、同じものを繰り返すって大事ですしね。


そんな風に、今年の英語学習の方針を色々と考えてみたりしてますが
「あれもやりたい」「これもやりたい」とやりたい事考えるのは楽しいですね♪
「やりたい事」が色々あるっていうのは幸せなことだわ~。



関連記事

Comment

Add your comment