Lady Green English Salon

大学・企業研修講師LadyGreenのブログ。英語学習歴20年以上。留学経験なし。日本にいようが海外にいようが、英語力は伸ばせるはず。そう信じて今も学習中。Enjoy learing English and broaden your horizons!

ストレスを力に変える

4月からスタートする大学での授業ですが
仕事が決まってから約1か月程何の連絡もなく、
「ど~なってんやろ~?」と思っていたらエージェントからメールが来ました。
授業の準備もあるし、そろそろ詳しいこと知りたいなぁと思っていたのでホッとしました。


やっぱり新しい仕事っていうのはドキドキしますね。
今回新しいエージェントとの初仕事だし、大学で普通に授業するのも初。
ある意味で初めて尽くしです。
初めてのことはやっぱりドキドキしますが、同時に楽しみでもあります。


初めて法人派遣の仕事を引き受けた時のことや
初めて大学での講座を教えた時のことを思い出します。
不安もあり緊張もあり、でも同時にすごく楽しみでもあり。


それまでスクールでしか教えたことがなかったのが
スクールから飛び出し新しい場所に行くのは
ちょっと勇気のいることでもありました。
その前に病気をしたり、まだ治療中だったりもしたので、
本当に自分に出来るんだろうか?という気持ちもあったし。


それでも、「やりたい!」という気持ちがあったから、
思い切って引き受けてみて、
そして、それが今の仕事にもつながっているわけです。


もしあの時「やっぱり自分には無理」と思って断っていたら今の自分はないわけで。


病気が理由で出来ないこともあると思うけど
病気があっても出来ることもあるし
チャレンジしてみたっていい。


大切なのは「やりたい」と思う自分の気持ちなわけで。


自分がやりたくないことなら、無理してやらなくてもいいけれど
やりたいと思うことならば、やってみる前に諦めてしまわずに
取り敢えずトライしてみればいいのだ。
自分の心が欲するものならば、多少の困難があっても頑張れるしね。


振り返ってみると、やはり病気をしたことが、
自分の人生の一つの転換点になっている気がしてなりません。
あれがなければ、自分の人生についてそこまで考えなかっただろうし
自分のコンフォートゾーンから飛び出すことも出来なかったかもしれない。


病気をただ不幸な出来事として捉えてしまえば
それは自分の人生を制限する不運な出来事になるのだろうけれど
それを一つの転機として捉えれば、
人生をより豊かにしてくれるものにもなり得る。
自分の見方次第で変えることができるのなら
一見不運な出来事も、「あれがあったから今の自分がある」と思うことができますね。


新しいチャレンジは、不安でもありストレスでもあるけれど、
でもそれがいい刺激にもなる。
上手に使って力に変えていけたらと思います。








先日のオンラインレッスンで、音読に使った文章がちょうどそんな内容でした。
ストレスを力に変える。


年明けから新しい仕事をスタートされた生徒様ですが
そんな彼女にぴったりの内容だったかもしれません。
そして、私自身にも。
いや、誰にとってもそうかな。
何かにチャレンジしている全ての人にとって。


ストレスは決して悪いものではない。
そう考えて、ストレスを楽しんですらいけたら、
人生で起きる全ての出来事は人を成長させてくれる大事な経験になるのかもしれません。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?