Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

英会話上達法 

今日はちょっと久しぶりに英会話のコツなどを書いてみようかと思います。
というのも、難しい英文は読めてもスピーキングが苦手という日本人が多く
どうスピーキングを伸ばしていくか悩んでいる人が多いからです。



これまで英会話スクールで指導してきたり
オンラインでスピーキング指導してきたり
色んな生徒さんを見てきて気付くことがあります。
全ての人に共通というわけではないですが、多くの人に共通する「弱点」があるように思います。
あくまで私の私見ですが、私の思う「日本人の弱点」についてちょっと書いてみますね。


ひとつは、翻訳グセがある。
これは、ほとんどの方がそうではないかと思います。
初級~中級、レベルに関わらず、そういう方は多いです。
「日本語の○○は英語では何というのか」と考えながら英語を話そうとされます。
そして、そこで会話がフリーズしてしまう。


ただ、英語環境にない日本人が英語を話そうとすると
どうしてもそんな風に日本語的発想で英語を話してしまうのは仕方ないかなとも思います。


とは言え、そのままではスピーキングが向上しないので対策が必要。
では、どう対策すればいいのか?


まずは、日本語の単語・表現に固執しないことだと思います。
日本語の概念と全く同じ英語が必ずしも存在するとは限らない。
その場合、出来るだけそれに近い表現で言い表すちょっとした妥協も必要。
同じものを表す英単語があったとしても、それを知らない場合はやはり別の表現で代用する。
同じことを言い表すのに、色んなアプローチをとることが出来ますから
そういったフレキシブルさがあると会話の流暢さがグッとあがります。
「これって英語で何て言うんだっけ?」と思って会話がフリーズするのではなく
とにかく「言いたい概念を伝える」ように心がけていくといい。


例えば、私が持ってる英検準1級単語帳、最初に出てくる単語がabandonです。
「捨てる、放棄する」とあります。
これを類語辞典でちょっと調べてみましょう。
例文はHe abandoned his wife and children.とあります。
言い換え表現いくつか挙げてみると、
desert, leave, turn one's back on, break up with, dump, walk out on などなど。
一番やさしい表現はleaveでしょうか。それでも十分に意図は通じますね。
というか、これが一番わかりやすい、伝わりやすい表現かもしれません。


以前も紹介したこちらの本が正にその通りのことを書かれています。




会話が得意な人はみんなこういう事をしていると思うのです。
完璧な英語、高度な英語にこだわると、話せなくなります。
そこを手放して、まずは自分のストックにある単語・表現で
フレキシブルに会話を展開していくことが会話上達の道ではないかと思います。
私もこれをするようになって、会話がずいぶんと楽になりました。


「単語・表現」に関して言うと、試験中心の英語学習をしてきた人ほど
会話的なナチュラルな表現よりも難解な単語・表現を多用しがち。
スクール勤務時代も、そういう生徒さんが一定数いらっしゃって
よくネイティブ講師が「彼は難しい単語を良く知っているけれど、会話がナチュラルじゃない」と話していました。
難しいディスカッションをするにはいいですが、日常的な会話をする際には
基本表現をしっかり使いこなすことが大切だと思います。


難しい単語程、表面的に暗記しているだけで、使い方を理解できていなかったりもするので
実際に使ってみた時に微妙に使い方が間違っていたりして
かえって伝えたいことが伝わらないこともあったりします。
これも、試験用に覚えた単語を会話で使うのが難しい理由のひとつ。
使えるレベルにするためには、理解の深さがより求められるのですよね。


単語をたくさん知っているにこしたことはないと思いますが
いざアウトプットとして使うとなると、どう使うのかということも必要になってくるし
またどんな場面で誰に対して使うのかということも必要になります。
上級レベルになればなるほど、「場面や相手によって使い分けること」が求められるようになりますね。
使える表現のストックを増やしていって、TPOに合わせて取り出せていければ理想的。
カジュアルな場面からフォーマルな場面まで、自由自在に使う英語を変えれるなら素晴らしい。
私たち、日本語を話す時にはこういうことをしていると思うのです。
友達とのおしゃべり、職場での上司との会話etc使う言葉を変えています。
論文書くときの言葉で、友達に話しかけたりしない(笑)


いきなり最初から上級レベルの英語を話せるようにはならないですから
まずはシンプルな表現、シンプルな文章でしっかり話せるようにしていきながら
少しずつ洗練していき、難しい単語や粋な表現も使えるようにしていけばいいんじゃないかと思います。
それも、難解な単語ばかりを使うのではなく、基本表現をしっかり使えた上でのこと。
日常の会話では、シンプルな言い回しの方がよく使われたりします。


コミュニケーションで一番大切なのは、相手に伝わること。
どうすれば言いたいことが伝わるか。
そこを一番に考えれば、どんな英語を勉強するか、
どんな英語を使うか、自分の方向性が見えてくるのではないでしょうか?


英語学習というのは、ステップ・バイ・ステップ。
いきなり階段の最上階に行こうとなんてしないで。
一段ずつ、ちょっとずつ、階段を上がっていけばいい。
いつか、気が付いたら階段の一番上に立っていて
自分がこんなにも遠いところまで来たんだなぁと見下ろすときがきっと来る。


Studying English is a step-by-step process.
Don't try to jump up to the top of the stairs.
Go up the stairs one by one, little by little.
Someday, you'll find yourself standing at the top of the stairs,
looking down how far you've come.


で、しばらくして実はまだ階段が続いていたことに気が付いたりするんですが(笑)
でも、大切なのは頂上に着くことよりも、途中で見える景色を楽しむこと。
山登りといっしょです!プロセスを楽しもう!


You might find there is another flight of stairs.
But don't be discouraged because what really matters is that you enjoy the scenery on your way to reach the top.
Just like climbing mountains, enjoy the process!




関連記事

Comment

Add your comment