Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

セミナーに参加してきました

  27, 2016 21:43
先週末はインターのセミナーに参加。
セミナー参加は3回目位でしたが、これまでは通訳の仕事の話が多くて
翻訳のもやってくれないかなぁと思っていたのですが
今回は初めて翻訳関係の仕事の話が中心。
タイトルの通り、チェッカーの仕事についてでした。
なかなか面白かったです。


クラス修了して数週間。
授業がないとやっぱり翻訳から離れてしまいがちなので
こういう形でもいいので何かしら翻訳業界の話を聞けたりすると
学習の動機づけになっていいですね。


こういうセミナーに参加すると、やっぱり勉強がんばろ~うという気持ちになります。
そしていつか翻訳の仕事している自分をちょっと想像してみたり。
ビジュアライズすると願望は叶うというので、きっと近い将来叶うでしょう。
楽観的すぎるかな?(笑)


翻訳コーディネータさんのお話もちょっと聞けて、こちらも大変興味深かったです。
日英、英日の仕事の割合の話では、実は英訳の仕事の方が和訳の仕事よりも多いのだとか。
ちょっと意外でした。和訳が多いのかなぁと思っていたので。
これは、翻訳会社や、ジャンルによっても変わってくるのかもしれませんが。
しかし、和訳が苦手で英訳の方が得意な私にとっては嬉しい話でした。
ちょっと希望が見えたような。
でも、やっぱりどっちも出来た方がいいんでしょうが。


そして、セミナー終了後、席に座ってアンケートを記入してると
私に声をかけてこられた方が・・・。
ふと顔を上げると、レベル2で一緒だったクラスメイトの顔が。
セミナーの最後の質疑応答で質問した私を見て「あっ」と思って
終了後声をかけてくれたのでした。
そして、お互いに時間があったので、ちょっとお茶して帰ることに。


どうしてはるのかなとお互いに気になっていたようで
再会できたことをお互いに喜び合う。
そして、お互いに進級できたことが判明。
いや、他のクラスメイトが進級どうだったのか、気にはなっても、
オープンに「どうでした~?」と聞ける雰囲気ではなかったので
皆口をつぐんでいたんですよね。
でも、私は「彼女はきっと進級出来ているに違いない」と思ってましたが(笑)
向こうもそう思ってたみたいですが(笑)


彼女は4月期も継続して通学するとのこと。
一方私は、やはり4月期は休学することに。
仕事のこともあるので、無理して通学してもちゃんと勉強できないかもしれない。
中途半端に通って消化不良になるよりもここはいったん休学して
10月期に仕切り直しで通う方が自分のためになるという気がします。


まぁ、こんな風に休学しながらゆるゆる勉強するよりも
集中してがっつり通う方がいいのかもしれませんが
ちょっと遠回りしながらやっていくのもいいのではないかという気がしています。
仕事で英語は使うので、学校を休学しても英語から離れるわけではないし
自分なりに勉強してみたり、授業で学んだことを復習してみたり
そうして時間かけて消化していく中で見えてくることもあるんじゃないだろうか。


焦って前に進んでも、自分にとって本当に良いことにはならない気がします。


これまでも、必要なことはちゃんと良いタイミングで起こって来たように思うし
自分の感覚を信じてここまでやってきたので
「今はちょっとお休みする必要がある」と感じるならば
たぶんそれが自分にとって必要なことなんだろうという気がします。


今回セミナー参加して、改めて「やっぱりこの道に進んでいきたいなぁ」と思えたので
じっくり時間かけて実現していきたいなぁと思います。
無理せずマイペースがいいわ。
そして、しっかり足元固めていきたい。
ちゃんと実力つけていきたい。

再会できたクラスメイトさんとはしっかり連絡先を交換。
またお茶でもしましょう、と言っています。
真面目に勉強に取り組まれている人だから
きっと継続して通ってしっかり力をつけていかれるんだろうなと思います。
私よりも翻訳家デビューは早いかもなぁ。


でも、どういう道をたどっていくのか、どういう風に勉強していくのか
方法もペースも人それぞれ。
そして、得意も苦手も個性もそれぞれ。
優劣つけるものではないし、競争する必要もないと思います。


自分らしいスタイルでやっていこう。


Everyone has their own strength and weakness.
You don't need to be superior to others.
You don't need to think you are inferior to others.
Just be yourself and do your best.
Do it in your own way, in your own style!



関連記事
  •   27, 2016 21:43
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment